タクシー業界でこれからどう戦っていくか

  移動空間 中野智行 SPECIAL
中野智行 SPECIAL

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所 代表取締役 中野智行

金融業界で10年以上活躍、お金に関する知識や富裕層の思考回路に精通。縁があってタクシー業界に携わる中で、この異業種に対する違和感と、一方で組み合わせの大きなチャンスを発見。移動や運搬のビジネスモデルに、金融的発想と富裕層をつかむビジネス展開をすることで、タクシー業界にあっても年収3千万円を突破させることができる独自方式を開発。周囲のタクシー関係者から「売り上げる方法が一変した」「働き方が180度変わった」「利益が大きくでるようになった」など、評価が高く、日本のタクシー業界を一新するべく、専門コンサルタントになることを決意。鋭意活動中。


タクシー業界は、今後大きく変わっていく、いや変わっていかないと生き残っていけない。その中で、変わっていくにはどうしたらいいのか?

よく言われる「お客様の声を聞け」という事ですが、タクシービジネスも今、お客の声を聞き、支払い方法も電子マネーが使えるようにしている会社が増えて大変便利になりました。

これからは更に便利という事でスマホ配車アプリの導入なども出てきております。

只、費用も高いのでおいそれとは、導入に至らない厳しい面もありますが・・・

お客の声を取り入れて、どんどん便利になり、質も上げていく会社も増えていくのでしょう。

良く考えると費用をかけて便利にしていく、それって差別化にはならないですよね。

どこの会社も費用をかけて、便利な設備を投入すると逆にそれをしない所は、うちもやらないとお客が離れてしまうと焦り無理をして導入する。

本当にこれって良い事?

そこで面白い話があるのですが、星野リゾートという会社は皆さんご存知の方も多いでしょう。その星野リゾートの社長、星野さんが、こんなことを言ってました。

世界のホテル業界は、お客の声をよく聞く、しかしお客の声を聞けば聞くほど、どこもみんな同じサービスになっている。

だから星野リゾートではお客の声を聞かない。

では星野リゾートではどのようなサービスをお客に提供しているのか?

「自分たちのこだわりをサービスにしていく」

「顧客のニーズにないサービスを押し付けていく」

 と星野さんは言っておりました。

そして現在、星野リゾートの業績は右肩上がりになっております。

ここにこれからのタクシービジネスの在り方のヒントがあるのではないでしょうか?

今の時代は、情報化社会で、スピードが早いです。

便利なサービスは必要ですし、お客もそれを望むでしょう。

でも本当にそれでいいのでしょうか?

他にも策はあるのではないでしょうか?

この現状から脱するのは、自社でしかできない事を確立することです。

独自のサービスの提供という事になります。

これからのタクシービジネスは他社との差別化ではなく独自化も視野に入れるべきではないでしょうか?

経営者の強い信念を形にして独自化を貫く会社もあります。

独自化にこだわりそれを実践して今もロングセラーを続けている商品もあります。

それは、ギンビスのアスパラガスです。

細長いスティック状のビスケットで、ゴマが振りかけられてある商品です。

一度は口にしたことがあるのではないでしょうか?

1968年に発売されて、約50年になろうとしておりますが、今尚、売れ続けているのです。

創業者の宮本芳郎氏は強い信念がありました。

それは「真似されてもいいから、人の真似はするな」

この信念を持ち今も売れ続けるヒット商品を開発したのです。

タクシー業界で今後、戦っていく戦略としてこの独自化のビジネスの構築は勿論、簡単なことではないでしょう。

しかしこれまで業界で何十年と汗してきた経験のある方であれば、必ず独自のサービスの構築を行う事が出来るはずです。

ようはやるか、やらないか。

行動を起こすか、このままの延長戦で良いのかということです。

どちらが正しいとか正解はありません。

あなたが経営者として信念を持って取り組んでいける事が一番です。

座して待つのではなく、あなたが、初めの一歩を踏む出すことで、タクシー業界は大きく変わっていく事でしょう。

 


移動空間ビジネスの視点
中野智行

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所代表取締役

中野智行

執筆者のWebサイトはこちら https://www.movslab.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×