タクシービジネスに独自性は必要か?

  移動空間 中野智行 SPECIAL
中野智行 SPECIAL

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所 代表取締役 中野智行

金融業界で10年以上活躍、お金に関する知識や富裕層の思考回路に精通。縁があってタクシー業界に携わる中で、この異業種に対する違和感と、一方で組み合わせの大きなチャンスを発見。移動や運搬のビジネスモデルに、金融的発想と富裕層をつかむビジネス展開をすることで、タクシー業界にあっても年収3千万円を突破させることができる独自方式を開発。周囲のタクシー関係者から「売り上げる方法が一変した」「働き方が180度変わった」「利益が大きくでるようになった」など、評価が高く、日本のタクシー業界を一新するべく、専門コンサルタントになることを決意。鋭意活動中。


「独自性が大事というけれどそもそも独自性って何?」「差別化と何が違うの?」

「そんなので本当に売り上げは上がるの?」

移動空間企画ビジネスにおいての独自性とは何か?

それはこの世の中にないものです。

今、現在存在しないもの、ないものだから独自性なのです。

現在の消費構造は激しく変化しております。

その消費構造を研究しない。また全く理解しない。無視しているという状況では変化についていけないのは当たり前です。

差別化とは、今あるサービスを自社とうちは、ここが違います。と他社と比べて違うという事を主張しているものです。

タクシービジネスにおいて、賃走サービスという考え方の中で、うちは長距離割引があります。など価格の差別化や、貸し切りにおいて、観光サービスや、花見の時期限定のサービスなど今あるサービスの中で、うちは他社とはここが違うと他社との比較をすること。

独自性とは他社と比較がないモノ。

今この世に存在してないのだから、比較が出来ないのです。

だから売れるのです。

今の世の中、85%の人が欲しいものがないと言っているのです。

そんな中で、他社と激しい競争を繰り返し勝ち続ける事は、今後増々厳しい状況といわざるを得ません。

いやあ~そうはいっても賃走ビジネスは移動手段というインフラに近いサービスだからそんな顧客の消費構造とか難しいこと考えなくとも何とかなるでしょうと考えてる方もいるでしょう。

しかしこれからは、顧客から選ばれる会社でなければ発展はないのです。

今はスピードの早い世の中、昔は「石の上にも3年」と言われてましたが、今は3か月です。

いやもっと早いかもしれません。

のんびりしていたら・・・油断しているとあっという間に置いてかれてしまいます。

最近では、大手百貨店である髙島屋さんが、川上戦略といって面白い試みを行っております。

ベンチャー企業の日本酒応援団と連携をして、川上に自ら上がり独自商品を作るという事です。

これまでのように珍しいモノを探して買い付けるのではなく、珍しいモノ、希少性のあるモノを作る。

そこに価値が生まれる、価値を創り出すということを行っております。

百貨店業界は売上高が12ヵ月連続で、前年比割れで苦戦を強いられております。

その中で、何とか新しい戦略を取り入れて巻き返しを狙っているのです。

髙島屋さんのような大手でもこれからの儲かる企業は独自性が鍵となるという消費構造を理解して手を打ってきています。

それから、中村屋の創業者、相馬愛蔵さんは、「一商人として」の著作の中で、このようなことを言っています。

「我が日本人は世界中で最も善良な性質の持主であるが、模倣に長じて独創に乏しいところはたしかに一大欠点といわねばならない」

昭和13年に書かれた本ですが、今も昔も商売の原点。

原理・原則は変わらないのです。

またこのようにも言っています。

「私たちは全くの素人でしたから世間の伝統によらないで、自ら前人未到の茨の道を大胆に開拓しました。素人だから本格的な商人の真似をせず、いっさい独創的に思いのままに仕事をして迷わなかった。今日はただその独創をもって貫いた結果というだけで、何が当った、こういうことで成功したなどとお話し出来るものは何もありません」

このように今もなお繫栄している企業では、自社の独創性という強い信念を貫き今の繁栄に繋がっているのです。

移動空間企画ビジネスでは、独自性を売りにしたタクシービジネス戦略の構築です。

しかし独自性だけ打ち出せば必ず売れるのか?

そこには、様々な要素が絡んできます。

独自性を打ち出すのと同時に必要な事があります。

それは何か?

独自性(世にないモノ)×売り方(顧客心理を理解する)×客層(誰に売るか)

移動空間企画ビジネスにおいては、この方程式が非常に重要になります。

このどれかひとつでも欠けると成り立ちません。

あなたのビジネスはどのような戦略を立てていますか?

 


移動空間ビジネスの視点
中野智行

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所代表取締役

中野智行

執筆者のWebサイトはこちら https://www.movslab.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×