消えゆくビジネスと新たなビジネス

  移動空間 中野智行 SPECIAL
中野智行 SPECIAL

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所 代表取締役 中野智行

金融業界で10年以上活躍、お金に関する知識や富裕層の思考回路に精通。縁があってタクシー業界に携わる中で、この異業種に対する違和感と、一方で組み合わせの大きなチャンスを発見。移動や運搬のビジネスモデルに、金融的発想と富裕層をつかむビジネス展開をすることで、タクシー業界にあっても年収3千万円を突破させることができる独自方式を開発。周囲のタクシー関係者から「売り上げる方法が一変した」「働き方が180度変わった」「利益が大きくでるようになった」など、評価が高く、日本のタクシー業界を一新するべく、専門コンサルタントになることを決意。鋭意活動中。


タクシービジネスをこれからどう捉えて、どの様な戦略、打ち手を考えて行きますか?

タクシービジネスには賃走という稼ぎ方しかないとお考えでしょうか?

これからあなたの考える戦略によって打ち手は変わってくるのです。

そんな事はお前に言われなくてもわかっていると言われてしまいそうですが、実際に頭でわかっていても行動が出来ていない方が多いのも現状です。

世の中ほとんどがそうですが、ビジネスでは、誰かが上手くいって成功したビジネスを見て、「あ~あのビジネスは俺も考えていたよ~」「そんなのみんな知ってるよ」と言われる方が実に多い事かという事です。

でも実際に行動しなければ、それは絵に描いた餅でしかないのです。

絵に描いた餅ではいつまで経っても儲かるビジネスにはなりません。

しかし実際に行動できないのには理由があります。

それは、ビジネスを頭でわかっていても明確な戦略や打ち手がわからないからです。

タクシービジネスで大事なことは何か。

顧客を知る事、顧客から選ばれるような会社でなければならないのです。

これまでのように待ちのスタンスのビジネスではダメだという事です。

タクシービジネスは待ちビジネスですが、これからは自ら顧客に働きかけていく攻めのスタンスが必要なのです。

その為には、タクシービジネスでこれまで培った経験を活かして、それをお客に高い付加価値で提供できるサービスの構築が必須となります。

新しい事に取り組むのに、今のスピードの早い現代で、AI技術も日々進化しています。

じっくり経験を積んで力をつけてとやっていたのでは、追いつきません。

そんなことをしていたら、たちまちライバルに追い抜かれいつまで経っても変わらないのです。

ではどうするのか?

テコの原理を利用するのです。

テコの原理とは小さな力でも大きな物を動かす事が出来ます。

ようするにお客に大きな付加価値を提供するために自社でだけ取り組むのには限界があります。

そこを他社との協力によって、これまで以上の大きな付加価値を提供できるサービスを作り上げるのです。

どんな業界でも事業経営において、制約はあります。

制約があるからそんな事は無理だとあきらめるのか、それでも行動するか、頭を抱えていても、時間は過ぎていくのです。

あなたが頭を抱えている間にも知恵を絞り虎視眈々と儲かるビジネスを構築しようと目論んでいる方はいるのです。

相場の世界では、のほほんとしているといとも簡単に飲み込まれてしまいます。

気付いた時には何も残ってません。

無知や決断力のない人間は、淘汰されてしまいます。

悲しいですが、現実なのです。

ビジネスと相場の世界を一緒にしては良くないですが、今のビジネスも新しいビジネスが台頭してきています。

古い体質のビジネスは淘汰されてきています。

確かに制約を突破する発想や行動をするのは楽ではありませんが、難しい事にチャレンジをして知恵を絞ることで、これまでにはない世界が拓けるのです。

スティーブ・ジョブズさんが言っていたことで、点と点を繋ぐ、これまで経験してきた事に無駄な事はないという事です。

ジョブズさんは、これまで経験したことを繋ぎ合わせて、それを自身の会社で、活かしました。

その彼の言葉通りアップルではこれまでにない斬新なデザインのコンピューターが出来上がりました。

たまに昔の映画を見ていると未来の事を描いているのですが、そこで使っているコンピューターは、とても斬新なデザインなモノではありません。

未来を描いていてもコンピューターだけは古臭いのです。

ジョブズさんがいなかったらもしかしたら今も変わらなかったのかな~と、ふとその映像をみて考えさせられました。

そう考えると、あなたが作る付加価値の高いサービスを待っている方がいるかもしれないということです。

只、気を付けなければいけないのは、難しい事にチャレンジするのをやめて安易な発想に走る事です。

それは何か、上辺だけを真似するという愚をおかすことです。

なぜそのような仕組みになるのか?

どうしてその戦略が必要なのか?

これを分からずに見よう見真似で真似する事、安易にこうだろうと判断することがとても恐ろしい事なのです。

成長している企業、事業モデルは構造がしっかり考えられて作られているのです。

それを表面だけでわかったつもりになるのが最も危険です。

あなたは、これからあらたな挑戦をしていきますか?

それともあきらめてこのままの現状を続けていきますか?

 


移動空間ビジネスの視点
中野智行

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所代表取締役

中野智行

執筆者のWebサイトはこちら https://www.movslab.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×