人たらしで経営は上手くいくか?

  移動空間 中野智行 SPECIAL
中野智行 SPECIAL

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所 代表取締役 中野智行

金融業界で10年以上活躍、お金に関する知識や富裕層の思考回路に精通。縁があってタクシー業界に携わる中で、この異業種に対する違和感と、一方で組み合わせの大きなチャンスを発見。移動や運搬のビジネスモデルに、金融的発想と富裕層をつかむビジネス展開をすることで、タクシー業界にあっても年収3千万円を突破させることができる独自方式を開発。周囲のタクシー関係者から「売り上げる方法が一変した」「働き方が180度変わった」「利益が大きくでるようになった」など、評価が高く、日本のタクシー業界を一新するべく、専門コンサルタントになることを決意。鋭意活動中。


私自身がこれまで、会社の立ち上げを経験してきた中で、感じたのが、経営者としての器、事業が永く発展をしていくには何が必要かということです。

初めて、会社立ち上げを経験したのは、幹部社員、課長職の時でした。

新鮮でやる気に満ち溢れていました。

人たらしというと何か聞こえが悪いかもしれませんが、経営者として、社員を掌握して、会社に利益をもたらすためには必要な能力というか、経営者であれば少なからず、人心掌握に長けている方が多いでしょう。

ではそれだけで、会社は繁栄していくのでしょうか?

私が初めて会社立ち上げの時の社長は豪傑であり、人たらしという事では、天下一品でした。

本当に凄い人でした。

あまりにも人たらしの能力が高いので、周りもそれは認めていたし、本人も自覚していたのでしょう。

特に以前の業界では扱うお金も大きな金額で、組織のリーダーシップを如何に発揮して社員からの信頼を得ているかという事が、管理職の立場では問われておりました。

それも競うかのようにです。

仮に会社を辞める時に管理職であれば、何人の部下がついてきて、どれだけのお客を抱えているかなどといった具合です。

実際この会社も立ち上げ当初、苦労しましたが、周りの優秀なブレーンを上手に使い軌道に乗せ売り上げも急成長を遂げていきました。

大事なのは、それからです。

良いときは流れも良くうまく回るモノです。

しかし次の展開を目指す時、苦しいときこそ経営者としての真価が問われるのです。

先を見据えた戦略をしっかりと考えられているのか?

場当たり的な対応で、過去にうまくいったのだから乗り切れると考えているかということで、大きく会社の経営は変わってきます。

世の中の情勢は常に変化しているにもかかわらず新しい事にはチャレンジをせずにいつまでもこれまでのやり方でうまくいくと思い込んでしまうのです。

それは何故か、自身の能力が高いがゆえに過信をしてしまうのです。

勿論、自分のやることに自信がないのは経営者として、困りものですが自信があるのと過信してしまうのとでは違うという事です。

己の力に過信をして、会社にとって大事なことを見失い、人たらしという武器だけを振りかざし戦っていく。

挙句には勝つためなら手段は選ばない、人真似でもいいから儲かることを行っていく。

そこには、知恵を絞り努力する大変な事から逃げて、安易な発想の経営を行う事を良しとしてしまうことなのです。

どんなに優れていても、過信と自信は違うのです。

能力が高いがゆえに、己の力に過信してしまうとスキが生まれます。

戦国時代のカリスマと言われる織田信長でさえ、家臣の明智光秀に裏切られて殺されてしまいました。

豪傑であり過去実績が良かった華やかな頃が忘れられずに一度立ち止まり自分を見つめるという面倒なことを避けようとしてしまうのです。

自分自身を分析する。

自分としっかり向き合う事も大事なことです。

そこから新しい発想やビジネスのヒントは見えてくるのです。

ロングセラー商品やサービスで、永く売れ続けている会社というのは、独自性や独創性というのがあります。

人真似はしない。

そこには険しい道があるのでしょうが、知恵を絞り様々な発想を思いつきそれを実践したからこそ、今も繫栄する事業を築き上げているのです。

移動空間企画ビジネスにおいての独自性とは、新しいモノの組み合わせから生まれるのです。

組み合わせにより、これまでのビジネスの発想とは異なる考え方をしていきます。

無から有を作るという独自性の方向性もありますが、移動空間企画ビジネスにおいては、今あるものとの組み合わせにおいて違う付加価値のモノを創り出すことができるのです。

タクシー業界においてはチャンスがあります。

それを活かすも経営者のこれからの考え方、取り組み方次第です。

あなたの会社にも眠っている無形の資産があるはずです。

それを今後どのように活かすかということです。

あなたの会社で提供する付加価値は何ですか?

 


移動空間ビジネスの視点
中野智行

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所代表取締役

中野智行

執筆者のWebサイトはこちら https://www.movslab.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×