トップ > コラム > 開発・起業・会社経営など、難局に直面したときに共通する壁の乗り越え方

開発・起業・会社経営など、難局に直面したときに共通する壁の乗り越え方

  商品開発 四谷剛毅 SPECIAL
四谷剛毅 SPECIAL

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役 四谷剛毅

商品開発コンサルタント。特に開発部門を持たずに売れる商品開発を実現する、独自の「デベロップレス」体制づくりに定評。いま全国の中小メーカー企業の業績躍進の新手法として、多くの企業から指導依頼が集まる注目のコンサルタント。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

「四谷さん、よくこんな難しい開発に挑戦しましたね。挑戦する秘訣は何ですか?」
「よく起業しましたね。なぜ踏み切れたんですか?」

私は、自動車メーカーで開発業務に長年携わった後、コンサルティング会社を起業したのですが、開発に成功したときや起業に踏み切ったときに、周囲から良く投げかけられたご質問です。今でもよく質問されます。

この二つのご質問は、実は本質は同じです。
開発と起業、いずれも一般的には、成し遂げたり踏み切るのが難しく、途中に物心両面で大きな壁が存在しています。一度は、開発に取り組んだり起業を考えたりしたものの、壁の高さから あきらめてしまったり躊躇されている方が、壁の乗り越え方を知りたくて、されている質問です。

私は、これらに限らず、様々な難局に直面した時の壁の乗り越え方は、共通だと思っています。

それは、「退路を断つこと」

人は、弱い生き物ですから、壁にぶつかったとき、どうしても逃げたくなります。
一度、気持ちが「逃げ」に入ると、逃げる方法や逃げきれて楽になった状態のことばかりを考えるようになり、乗り越え方を考えるのが難しくなります。

逃げたくなった時に、歯を食いしばって踏ん張れるか、持ちこたえられるか、
それは、「自ら退路を断てるかどうか」にかかっています。

よく、難しい開発に取り組むときに、社外に向かって「当社は20XX年までにXXXXを開発します」と宣言したり、あるいは、起業するときにそこら中の人に対して、いついつ起業すると宣伝して回ったりしますが、これらは、自らの弱さを自覚し、その上で自ら退路を断つ行為です。意欲的な経営計画や目標を外に向かって公表するのも同じです。

これらのことが行える方は、壁の乗り越え方をきちんと理解している本物の経営者です。

ただ、私もさんざん経験していますが、それでも逃げ出したくなるのが人の弱さです。そんなとき必要になるのが、未来に希望を示し、叱咤激励しながらも、追い込んでくれる人、いわゆるメンターの存在です。

開発、起業、経営など、自ら進んで難局に挑む人は、孤独です。自ら進んでやってますから、愚痴を言うことすらできません。そんな人たちを支えるメンターになれるのは、同じ経験をしている人、あるいは経験した人です。そういったメンターを持てるかどうか、最後に壁を乗り越えられるかどうかの成否を分けます。

自分自身が経験していることですが、壁が大きければ大きいほど、挑戦のレベルが高ければ高いほど、不思議と、その壁を乗り越えるのに必要なレベルのメンターが周囲に現れます。

面白いのは、「メンターは先には現れない」ということです。思い切って挑戦していると、後からメンターが現れます。

ですので、冒頭の「どうしたら壁を乗り越えられるのか?」のご質問には、「退路を断って挑戦すれば、突破口は開けますよ」と答えるようにしています。
 
あなたは、メンターが現れるほどの挑戦をしていますか?
もし、身近に追い込んでくれる人がいたら、遠ざけるのではなく、進んでその人に自分の挑戦を宣言してみてください。

きっと、その挑戦は、成功します。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

売れる商品開発を実現する社長の視点
四谷剛毅

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン代表取締役

四谷剛毅

執筆者のWebサイトはこちら http://stecplan.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×