足元に落ちている小銭を拾うのに夢中になっていると、先にある大金を失ってしまう

  移動空間 中野智行 SPECIAL
中野智行 SPECIAL

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所 代表取締役 中野智行

金融業界で10年以上活躍、お金に関する知識や富裕層の思考回路に精通。縁があってタクシー業界に携わる中で、この異業種に対する違和感と、一方で組み合わせの大きなチャンスを発見。移動や運搬のビジネスモデルに、金融的発想と富裕層をつかむビジネス展開をすることで、タクシー業界にあっても年収3千万円を突破させることができる独自方式を開発。周囲のタクシー関係者から「売り上げる方法が一変した」「働き方が180度変わった」「利益が大きくでるようになった」など、評価が高く、日本のタクシー業界を一新するべく、専門コンサルタントになることを決意。鋭意活動中。


事前確定運賃の実証実験が東京で始まりました。

世界でもライドシェアというビジネスモデルが台頭してきて、既に事前確定運賃をおこなっているのだから、それに対応していかなければ、今後は太刀打ちが出来なくなります。

しかしまだまだ課題はあります。

今の配車アプリも使いやすさと言うことを考えればそれぞれの会社がバラバラにアプリを顧客に提供するのではなく、顧客としては同じものですべてのタクシーを利用できる方が便利と考えます。

そうなるとそれをいち早く形にしたところ、今のところは、ジャパンタクシーさんがそこに気付き上手に仕掛けているので、今後は、1人勝ちと言う構図が見えて参ります。

ビジネスとは知恵を使い仕掛けを作ったところが儲かります。

それと大事な事は行動することです。

どんなに良いアイデアを持っていたとしてもそれを形にできなければ何にもならないからです。

私の以前の業界では、インターネットが盛んになりちょうど金融ビックバンという大きな荒波が来たことで、業界が変わる変革期となりました。

その時に私は、時代の流れが変わると踏んで仲間と新しい会社を作る決断をしました。

もちろんそこには会社に残りたいと言う人間と新たなことにチャレンジしたいという人間に別れました。

実質20人ぐらいのメンバーで新しい事業としての会社を立ち上げることになりました。

当然われわれは新しい事業に臨み当初苦労しましたがこれまで以上に業績を伸ばすことが出来ました。

残された人たちは衰退の一途をたどっていきました。

なぜすでに衰退しつつある事業に残るのか、そこから新しい道に歩もうとしないのか、私には到底理解しがたいことでした。

しかしよくよく考えてみると慣れた環境と言うものから動きたくないみんなと一緒の方が安心する。

人と違う事はしたくないというのが日本人の特性なのかもしれません。

確かにこれまで色々な人とお会いさせて頂き、言える事は日本人の特性として、リスクを取りたくないと言うようなことがあるということです。

やはりそれはアメリカと比べて日本人は農耕民族。

アメリカは狩猟民族なので、その辺から違ってるのかもしれません。

ビジネスでもシリコンバレーでは、不確実な環境下において勇気を持って新しい事に、チャレンジすること、そういう意志や行動が賞賛される企業に贈られるファーストペンギンアワード賞があるのです。

日本では、そんなリスクを取るような行為は、周りからも冷ややかに見られ、馬鹿にされることすらあります。

大前研一さんの著書で「世界を知る6つの特別講義」と言うのがあります。

その本の中で、孫正義さんが大前研一さんに言っていたことが今の日本人を象徴する事が書いてあったので、ここで少し抜粋させて頂きます。

抜粋

・・・企業でも、結局、根性があるところが勝つんです。

だから孫正義さんは私に言っていますよ、「大前さん、そんなにけしかけてみんなが根性を持つようにしないでください。私はみんなが根性ない方が戦いやすいんですよ」と。

「鳥なき里の蝙蝠」と言う諺がありますが、そりゃあ飛ぶやつが1匹しかいなかったら、良い景色が見えますよね。・・・

と言うようなことが書いてありました。

なぜ今ライドシェアが世界でここまで幅をきかせてきているのか、タクシー業界では「鳥なき里の蝙蝠」と言うふうに見られているのでしょう。

今のタクシー業界はどうか?

足元の小銭を拾うのに夢中で、もっと先にある大金を見逃してしまっているのです。

残念ながらタクシー業界は他産業と比較しても圧倒的に収入が低い。

悲しいかな他産業と比較しても1人当たり年間粗利益もワースト5です。

いつまでこの状態を続けますか?

変わらなければならないのです。

既にライドシェアというビジネスモデルが世に出てきたという事はタクシー業界にとっては、黄色信号、既存のビジネスモデルにひびが入っている状態なのです。

逆にみんなが、足元の小銭を拾うのに夢中になっているときに、虎視眈々と仕掛けをつくっていったらどうなりますか?

あなたの会社は、最初の話ではないですが、一人勝ち・・・

ようするに今、やるべきことは何か?

優先すべき事項は何なのかということです。

日々の仕事に一生懸命なのも良いですが、それで満足してはいけないのです。

みんなと同じ事をしていては、いつまでも変わりません。

人と違う事をするから儲かるのです。

さて、それでは行動を起こすには、どの道を行くかということですが、既存の枠組みの延長で行くのか?

それともこれまでの常識を覆す発想のもとに行動するのか?

まずは、どちらが、楽で行動しやすいか?

勿論前者です。

ではそこにあるのは「鳥なき里の蝙蝠」の繰り返しになります。

既存のビジネスモデルの枠組みは、いずれ破壊してしまうのです。

またそこでは、あなたの会社が持っている魅力。

価値を活かすことも出来ずにみんなと一緒の横並びになるのです。

それでは、これまで以上の高収益などはとても望むことはできません。

自分では当たり前すぎて、気付いていない、取るに足らない事と思えていることに「宝の山」が埋もれているのです。

あなたの会社にもある価値ある「宝の山」を活かすも殺すもあなた次第です。

 


移動空間ビジネスの視点
中野智行

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所代表取締役

中野智行

執筆者のWebサイトはこちら https://www.movslab.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×