真面目に働いていても儲からない?

  移動空間 中野智行 SPECIAL
中野智行 SPECIAL

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所 代表取締役 中野智行

金融業界で10年以上活躍、お金に関する知識や富裕層の思考回路に精通。縁があってタクシー業界に携わる中で、この異業種に対する違和感と、一方で組み合わせの大きなチャンスを発見。移動や運搬のビジネスモデルに、金融的発想と富裕層をつかむビジネス展開をすることで、タクシー業界にあっても年収3千万円を突破させることができる独自方式を開発。周囲のタクシー関係者から「売り上げる方法が一変した」「働き方が180度変わった」「利益が大きくでるようになった」など、評価が高く、日本のタクシー業界を一新するべく、専門コンサルタントになることを決意。鋭意活動中。


テレビやニュース、マスコミでは、景気が悪い財布の紐を締めている、ということを連日のようにニュースで放送しております。

それを鵜呑みにして景気が悪いからダメなんだ。

今はデフレで財布のヒモが固いからみんなお金を使わないんだと思い込んでいたら、素晴らしい発想は生まれません。

不景気でお客はお金を使わない。

そんな中でも、振り込め詐欺の被害は後を絶ちません。

実際に去年の被害総額は476億円になるのです。

一生懸命真面目に働いているのにギリギリの生活。

かたや詐欺で私腹を肥やす連中がいるのです。

とても許しがたい事です。

真面目に一生懸命働くことは尊い事です。

しかしそれで必ずしも儲かる訳ではないのです。

では悪いことをするのか!!

いえそう言う訳では、ないのです。

知恵を使うという事です。

この知恵を使うのは、体を使うよりも大変です。

また体を使う方が仕事をした気になります。

商売というのは、学校では教えてくれません。

ましてや自分だけ儲けようなどとは、不届きものだ。

そういう風習さえあります。

金儲け主義は白い目で見られる傾向もあるのです。

特にタクシー業界では、突出して儲けようと戦略を練っている所が少ないです。

いわゆる待ちのビジネスなのです。

でも考えてみて下さい。

日本は資本主義の世の中なのですから、お金儲けしてお金を回さなければ、景気は良くならないのです。

あなたの会社がダントツに儲かれば、従業員は給料も上がり、雇用も生まれ、良い循環が出来るのです。

どんなに崇高な理想や理念を掲げても儲からなければ会社の存在意義が見出せません。

景気が悪いと言っているが、お金の流れが止まってしまっているからです。

日本人の金融資産は1,800兆円もあるのです。

このお金が市場に回れば景気は良くなっていくのです。

お金を使わないのは、企業努力が足りないという事です。

お客が欲しいと思える。

良い商品、サービスがないからです。

いえ厳密に言えば、良い商品、サービスはあります。

しかしその魅力が伝わっていないから売れないのです。

これからのタクシービジネスでダントツに儲けることを考えるのであれば、待っているだけではなくこちらから仕掛けていかなければ儲かるビジネスを築くことはできません。

詐欺を働く連中が知恵を使い私腹を肥やしているのに、真面目に働いている経営者は、そんな連中に負けてはいけないのです。

詐欺を働く連中はマニュアルを作り、人の心理を勉強して、どうしたらお金を引っ張れるかを熱心に研究しているのです。

今のタクシービジネスで本気で儲かる仕組みを作る気があるのであれば、もっと顧客のことを研究すべきです。

時代は常に変化しております。

移動手段の在り方も変わってきました。

今はスマホの進化により、個人間の取引が容易になってきています。

それにより、相乗りサービスも増えています。

お客の選択肢も増えているのです。

もはやタクシーでなければいけないという時代ではないのです。

以前仲間の運転手が私は美空ひばりさんより歌がうまいと言っている人を乗せたと言っていました。

本人が言っているから事の真相はわかりませんが、ただひとつだけ言える事はその人は美空ひばりさんより売れていないと言うことです。

これは商売に関して言えば、致命的で、売れなければ無価値と言うことになるのです。

売れるためにはすべて戦略的に売れる仕組みを作り出していくことなのです。

勿体ない事ですが、今のタクシービジネスにおいてはチャンスはあるのにそれを活かしきれていない、活かそうというチャレンジをしていないのです。

新たなことにチャレンジして失敗したらどうしようとか、売れなかったらと考えてしまうからです。

周りの同業者から変わり者と思われたり、嫌われるかもしれない。

それでもこれまでの何倍もの売り上げを上げる方のが、普通と一緒、みんなと横並びで、かろうじて生計を立てていくよりは、マシではないでしょうか?

新しい商品やサービスを考えて作るのに大事なことは、同時にどうしたら売れるか?

誰に売るか?

それをしっかりと考えていく事なのです。

言葉では単純で簡単に聞こえますが、実際は、自社の魅力を伝えるにはどうしたらいいか?

人はどうすれば行動するかなど、考えること、研究することはそんなに簡単ではありません。

だからこそ、そこまで考えて行っている会社は少ないのです。

難しい事、人がやらないことを行うからこそ、誰よりも儲けることが出来るのです。

あなたはこれからどんな事にチャレンジしますか?

 


移動空間ビジネスの視点
中野智行

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所代表取締役

中野智行

執筆者のWebサイトはこちら https://www.movslab.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×