電話対応で大企業に勝つ!

  営業司令部づくり 横井恭一 SPECIAL
横井恭一 SPECIAL

営業司令部づくりコンサルティング

株式会社プロスペクティング 代表取締役 横井恭一

営業体制革新コンサルタント。「営業指令部」を構築し、儲かる組織に変革するスペシャリスト。30年以上の営業実戦の中で、幾多の組織を先導し、成長軌道に載せ、成功に導いた、儲かる組織を作る指導者。


こんにちは! 営業体制革新コンサルタントの横井です。音声自動応答の電話受付や、チャットでの問い合わせ対応がどんどん進化していますね。最近の若者は人と話すのが苦手と言われています。人と話す必要のないチャットはコミュニケーションツールとして、若者にとって最高なのでしょうね。でも慣れない者にしてみれば、電話が早い!と思ってしまいます。さて、今日は、人手を介さない電話の音声自動対応ついてお話します。中小企業が勝つチャンス、ここにアリです。

真剣な電話対応を

音声自動応答の電話受付は、人件費削減が主な理由でしょう。同様に、多くの企業は、受付に人間を置かなくなりました。できるだけ創造的な仕事に就いてもらい、生産性を上げる戦術です。一方、顧客目線で考えれば、電話受付で自動音声が出てくると、面倒だなと感じます。特に、それが苦情の電話であれば、苦情者の気持ちを逆なでしているのではないでしょうか。昨今、サイトの問合せフォームを用意している企業がほとんどですから、わざわざ電話で問い合わせるお客様の気持ちに自動受付は寄り添っていません。中小企業にとって、ここに勝機アリです。

さて、会社にかかってくる電話に御社は真剣に対応していますか? どの位、社員の方々は電話対応を大切に考えているでしょうか? 電話対応をおざなりに考えているのであれば、即刻、会社の空気を変える必要アリです。電話は顔や姿が見えない分、より丁寧にゆっくりとした口調で応じなければ、印象を悪くするだけです。大手企業にはできない、ヒューマンタッチの温かい対応を期待します。そして、最初に電話に出た者が会社の代表として、積極的に先方の課題を解決する。その心ある電話対応がお客様の心に響きます。会社が一丸となってお客様に向う姿勢が、電話対応に一番現れるのです。

まとめ

電話の自動音声対応している大企業に、お客様志向は欠落しています。もし、御社の競合が自動音声対応をしていたら、電話対応だけで、御社の「違い」が出せますね。でも、しっかりと社員に訓練を施し、間違いのない電話対応を心掛けてください。気持ちの良い電話対応を受けたお客様は、御社のファンに絶対になります。信頼が増します。社長、電話はお客様に開かれた窓の1つです。きれいに磨きましょう! そのための自社研修の充実は絶対です。一緒に作りましょう!

 


社長に向けた今週の営業激励!
横井恭一

営業司令部づくりコンサルティング

株式会社プロスペクティング代表取締役

横井恭一

執筆者のWebサイトはこちら https://www.prospecting.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×