自ら市場をつくりだせるか?

  移動空間 中野智行 SPECIAL
中野智行 SPECIAL

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所 代表取締役 中野智行

金融業界で10年以上活躍、お金に関する知識や富裕層の思考回路に精通。縁があってタクシー業界に携わる中で、この異業種に対する違和感と、一方で組み合わせの大きなチャンスを発見。移動や運搬のビジネスモデルに、金融的発想と富裕層をつかむビジネス展開をすることで、タクシー業界にあっても年収3千万円を突破させることができる独自方式を開発。周囲のタクシー関係者から「売り上げる方法が一変した」「働き方が180度変わった」「利益が大きくでるようになった」など、評価が高く、日本のタクシー業界を一新するべく、専門コンサルタントになることを決意。鋭意活動中。


世の中需要と供給のバランスで成り立っています。

価格と利益は需要と供給と言う市場の力によって決まります。

これが経済学の基本です。

しかし市場の力は自分で作り出せることを知る人は少ない。

自分だけの市場を作るのです。

今のタクシービジネスを考えると輸送人員が半分に減少しています。

タクシー台数は、以前と比較しても変わらない状況です。

そこで、これまで以上の利益を望みライバルに圧倒的な差をつける事は並大抵のことではありません。

需要と供給の基本原則を考えれば、当たり前のことですが、そこには、様々な規制や制約があり革新的な戦略がこれまで出てくること、陽の目を見ることはありませんでした。

しかし今、ライドシェアというビジネスモデルが現れて、少しずつ変化しています。

ではこの現状の中で、どの様な戦略をとるべきでしょうか?

利便性を追求する事でしょうか?

価値を追求すること?

どちらも戦略としては有りでしょう。

いずれの戦略をとるにしても仕掛けをしっかりと構築する事、それから自社にとってどこを目指すのが良いかを把握することです。

ビジネスにとって大事なことは根幹にあるのです。

このビジネスの根幹が出来ていれば、簡単に他社に真似されることはありません。

また、市場を作り出すことができるのです。

行列のできる飲食店・・・予約が殺到して中々手に入らない商品・・・

これは偶然に起こったことなのか、それとも意図して作り出されたものか?

TVや雑誌では、表面的なことしか、報じられないですが、間違いなく意図して仕掛けているのです。

市場は自ら作り出す。

簡単なら誰もが真似をします。

楽でシンプルなら見返りはありません。

あっという間に価値が生み出せるなら、その商品やサービスには価値はないのです。

タクシーでも電車が止まったり、雪が降ったりなどの電車やバスの交通障害により需要が通常よりも増えることがあります。

この状態では、需要が供給を上回るのです。

この様な事は、頻繁に起こることはありません。

意図して仕掛けをつくるには、どうすれば良いのか?

自分だけの市場をつくるのです。

これからのタクシービジネスにおいて自分だけの市場をつくり出せなければ、それはもう下請けとして働くことも辞さない覚悟が必要になります。

なぜかというとビジネスモデルの根幹、仕掛けをつくったところが勝つのです。

その仕掛けが出来ない所は、仕掛けをつくったところから仕事を回してもらうしかないのです。

ライドシェアというビジネスモデルを仕掛けたウーバーさんでは、システムの構築により働き手とお客さんを繋げるサービスをつくりました。

自分がその業界に精通していなくとも収益を上げる仕組みを構築したのです。

今の世の中は、大きく変化しています。

スピードも早いのです。

その変化の波に乗ることが出来ないという事は、自分のビジネスを自らコントロールすることが出来ないということと同じです。

物事の表面だけを見ていては、本質は見えてきません。

日本の芸能界を見ていても沢山の芸能人の方がいますが、売れるのは一握りの方だけです。

供給過剰状態なのです。

その中でも売れる人は何が違うのか?

最近TVでよく見かけるのが、ヒロミさんです。

彼は今、再ブレークしてあちこちのTVに出演しています。

50歳を過ぎてしかも以前は売れていたわけですから、普通であれば司会という立場で、勝負したいはずです。

しかし司会ではもはや彼のポジションはないのです。

ところが、彼が今、売れているのは、リフォームをする芸人という位置づけを確保したからです。

がら空きの市場を開拓したのです。

しかもあの年齢で、本人は楽しんでいるようですが、あそこまでやる人がいないので、それが受けているのです。

ファン層も変化しています。

このように供給過多の市場では、他とは違う自分自身の価値を見いだして、これまでとは違うファン層を構築することで売れるという戦略を考え出したのです。

会社が生き残るには、最後はお客さんからどれだけ支持をされている会社なのかということが大事なのです。

それは、けっして不特定多数の多くのお客さんでなくとも良いのです。

自社の哲学を支持してくれる価値のわかるお客さんがいれば充分なのです。

本当に価値のわかるお客さんとは、他社の安売りの価格に反応しない。

あなたの会社の価値を理解してくれるお客さんです。

あなたの会社には本当の価値のわかるお客さんがどれだけいますか?

 


移動空間ビジネスの視点
中野智行

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所代表取締役

中野智行

執筆者のWebサイトはこちら https://www.movslab.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×