あなたの会社には設計図がありますか?

  移動空間 中野智行 SPECIAL
中野智行 SPECIAL

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所 代表取締役 中野智行

金融業界で10年以上活躍、お金に関する知識や富裕層の思考回路に精通。縁があってタクシー業界に携わる中で、この異業種に対する違和感と、一方で組み合わせの大きなチャンスを発見。移動や運搬のビジネスモデルに、金融的発想と富裕層をつかむビジネス展開をすることで、タクシー業界にあっても年収3千万円を突破させることができる独自方式を開発。周囲のタクシー関係者から「売り上げる方法が一変した」「働き方が180度変わった」「利益が大きくでるようになった」など、評価が高く、日本のタクシー業界を一新するべく、専門コンサルタントになることを決意。鋭意活動中。


今の世の中の潮流を考えるとネットが今や当たり前、ネットで全世界につながることができるとても便利な道具です。

これまでネットはパソコンで家や会社という決まった場所でしか出来ませんでした。

それがスマホと言うさらに便利なものによりどこでもネットで膨大な情報量にアクセスできるようになりました。

このスマホこそ移動通信端末です。

そこからビジネスは大きく変化しているのです。

このスマホの普及により、「時間価値」も変わってきました。

移動しながら、ネットに繋がれることで、スキマ時間の活用ができるようになりました。

スキマ時間の活用からシェアという発想のビジネスモデルが出て来ました。

それから「空間価値」も変化しているのです。

遊休資産をリノベーションして、新しい価値を生み出しています。

遊休資産を活用する動きは他にもこれまでとは違う客層の開拓をする、いわゆるマッチングというサービスを展開している企業も出て来ました。

「時間価値」「空間価値」はこれまでの概念や価値観が変わっているのです。

ではこれからのタクシービジネスにおいてどのように考えることができるのか?

この様な時代の変化の中で、何が出来るかどうしたら価値を生み出すことが出来るかを考えて行く必要があるのです。

移動手段も駕籠や馬から車へと進化したように、今では移動の在り方が変わりつつあります。

当然、自動運転というものも視野に入れて行かなければなりません。

自動運転になっても収益がでる仕組みが必要です。

そこでこれからはどんな事を提供できるか?

またそれにより、誰のどんな満足を満たすことができるか?

設計図が必要なのです。

行き当たりばったりでは、きちんと設計図がある会社に勝てません。

多くの政財界からも師事をされていた中村天風先生はこのようなことを言ってました。

「正しき勝利は出発において既につくられている」

設計図も持たずにただ台数増やせば利益は上がるとしか考えられないようでは、先はありません。

時代は常に変化しています。

時間は無情にも過ぎていきます。

立ち止まっている暇などないのです。

立ち止まっていたらあっという間に置いていかれます。

その遅れを取り戻すのは容易ではありません。

お金はなくなっても取り戻せます。

しかし時間は取り戻すことは出来ないのです。

流行に流されるのではなく、また流行を追いかけるのではありません。

時代の変化に対応できる経営戦略を立てる必要があるのです。

ようするに自ら新たな時代の価値をみつけ創り出していくのです。

今のタクシー業界においては需要と供給のバランスは完全に供給過剰状態です。

という事は考えられるのはどうしたらいいのか?

新たな顧客層を創出するしかではありません。

新たな顧客層を創出するには、これまでとは違うやり方が求められます。

これまでのタクシービジネスでは、待ちのスタンスです。

お客さんを選べないお客さんも会社を選べないのです。

これからは自ら顧客を開拓する必要があります。

そして自ら顧客を開拓できる力のある会社が生き残り新しいタクシービジネスの道を切り拓いていくのです。

タクシーには「時間価値」「空間価値」の両方を上手に活用することが出来る方法があるのです。

それが「移動型プライベート空間」という新しいタクシービジネスです。

この「移動型プライベート空間」を独自のサービスとして展開する事でこれまでとは違う顧客層の開拓が可能になるのです。

世の中一見して難しそうに見えることでもやってみると意外とそうでもないことがあります。

世の中やってやれない事は無いのです。

ダメなのはやる前からあれこれと考えてしまい無理だと決めつけてしまうことです。

考えることはもちろん必要です。

しかしどれだけ考えていても歩き出さなければ何も始まりません。

考えているだけで一生終わってしまいます。

たいていは皆そういう傾向にあります。

そして結局は安心を求めてみんなと同じ選択をします。

しかし事業においてはみんなと一緒というどこにでもあるものにお客さんは魅力を感じません。

誰もが簡単にできる事で人よりも儲かるビジネスはあり得ないのです。

逆に誰もがやらないことにチャンスはあるのです。

その一歩を踏み出していけるのが設計図なのです。

しっかりとした設計図があれば、ビジネスの根幹を理解していれば、

あれが良い?

とかこれが良いのか?

といちいち振り回されることがありません。

あなたの会社ではどんな設計図を描いてますか?

 


移動空間ビジネスの視点
中野智行

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所代表取締役

中野智行

執筆者のWebサイトはこちら https://www.movslab.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×