あなたの哲学を語ろう

  移動空間 中野智行 SPECIAL
中野智行 SPECIAL

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所 代表取締役 中野智行

金融業界で10年以上活躍、お金に関する知識や富裕層の思考回路に精通。縁があってタクシー業界に携わる中で、この異業種に対する違和感と、一方で組み合わせの大きなチャンスを発見。移動や運搬のビジネスモデルに、金融的発想と富裕層をつかむビジネス展開をすることで、タクシー業界にあっても年収3千万円を突破させることができる独自方式を開発。周囲のタクシー関係者から「売り上げる方法が一変した」「働き方が180度変わった」「利益が大きくでるようになった」など、評価が高く、日本のタクシー業界を一新するべく、専門コンサルタントになることを決意。鋭意活動中。


会社にとって仕組みがあるというのはとても大事なことです。

この仕組みというものも今は、ITの発達でAI技術が目覚ましい勢いで進歩しております。

その様な現状の中でも大切なのは、人と人の繋がりです。

人が集まる環境、人が育つ環境をつくるのも人の仕事です。

私も昔いろいろ営業の仕事をしてきましたが、それこそ、ほんの僅かな説明を受けて、資料を持たされ後は行けと言われ、何もわからずひたすら飛び込み訪問をやったことがあります。

現場で覚えるほうが早い。確かにその通りです。

しかしこういう会社は入れ替わりも激しく社員は使い捨てです。

会社としてしっかりとした仕組みができていないのです。

その仕組みとは社員を育成すると言う仕組みです。

タクシー運転手になった時も1日一緒に同行して頂き後は1人で現場に出ました。

この時ふと思ったのが昔の営業時代の新人の頃を思い出しました。

いまだにこの業界はこんな感じなんだなぁと懐かしさとこのやり方でいつまで続くの・・・ということを強く感じました。

そうこうしてる間にライドシェアと言うビジネスモデルが台頭してきました。

ではこのビジネスモデルとどう戦うのか?

戦う必要は無い。というのが私の考えです。

真っ向から勝負しなくとも別の戦略で行えば良いだけの話、自社にしかできないことをやれば独壇場になれるのです。

周りと同じ舞台で勝負する必要はないのです。

今のタクシービジネスにはそれが出来ます。

まだ未開拓の客層や他の会社が行っていない市場への参入チャンスがあるのです。

ビジネスにおいては、どうしても成長期というとても良い状況は永遠に続く事はありません。

私も以前の業界においてもお客の開拓が苦しくなり、これまで以上に営業時間を増やしセールストークに磨きをかけて行っていても、今まで通りに顧客の開拓が出来ない厳しい状況がありました。

それが衰退へのサインでした。

そこで何をするべきか?

新たな市場を開拓するべきなのです。

その為には会社に仕組みを作ることは必須です。

それから仕組みをつくるのと同時に大事なのが経営者の哲学なのです。

どんなに素晴らしい仕組みであってもそれを回していくのは、経営者を中心とした人です。

その経営者の哲学が、ただ利益だけを目的としているとか儲けている人の真似をすれば良いと言う安易な考えでは、うまくいっているときは良いのですが、ひとたび荒波がくると簡単に崩れ去ってしまうのです。

それで私も大変な目にあったので、この事は強く感じるようになりました。

自分の哲学を持ちそれが根底にあるビジネスは強いのです。

当然社員もその哲学に惹かれ、集まってきます。

人手不足といっても実際人が集まる企業は存在しています。

またお客が行列を作るお店、会社というのは実在しているのです。

偏ってしまっているのです。

人が集まる企業と集まらない企業とでは、その差はなんでしょうか?

従業員やお客が群れを成す企業は、魅力があります。

他にはないその企業の独特の魅力があるのです。

私はタクシービジネスで強い哲学や信念をお持ちの経営者であれば、必ず人が集まる会社にすることができると確信しております。

成長している会社には強い信念、哲学を持っております。

困難に打ち克つためには哲学が必要です。

その哲学に人は惹かれ集まるのです。

お客も従業員もそうです。

経営の神様と言われた松下幸之助さんは

「商売をするものの使命はなにか。この世から貧をなくすことである、世の中を豊かにすることである。物の面から人びとを救うことである」

根底にこの哲学があり困難も乗り越え人も魅了してきたのです。

お客も不特定多数の沢山のお客がいないとビジネスは成り立たないと思っているのは、間違いだと気付くべきです。

あなたの哲学に賛同するお客が集まる事でビジネスは回せます。

むしろその方が良いお客も集まり、利益率も上がります。

私が営業で新規開拓をしていた頃、私のお客は300万以上でそれ以下の方はいませんでした。

かたや他の営業マンはいつも100万のお客で、300万以上のお客はおりませんでした。

不思議ですよね。

これって話し方やその人の思考がそうさせているのですよね。

私にとってはそれが当たり前だったのです。

お客も自然とその様な方が集まるのです。

会社にとってはどちらが良いか?

あなたの強い哲学、信念がそれに呼応する人を集めます。

ビジネスは自分次第でいくらでも収益を上げることも社員を集めることもまた、社員に自身の哲学や信念を浸透させることもできるのです。

ヘンリー・フォードはこんな言葉を残しています。

「今こそ大きなチャンスの時である。だがそれを知っている人は実に少ない。」

簡単な事は誰でもやります。

いえ誰でもできるのです。

今の時代はAIが発達しているのですからAIでも行うことが出来るのです。

しかし人間にしかできない事があるのです。

あなたにしか出来ないビジネスを行いませんか?

 


移動空間ビジネスの視点
中野智行

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所代表取締役

中野智行

執筆者のWebサイトはこちら https://www.movslab.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×