収益構造がある会社と出たとこ勝負の会社

  移動空間 中野智行 SPECIAL
中野智行 SPECIAL

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所 代表取締役 中野智行

金融業界で10年以上活躍、お金に関する知識や富裕層の思考回路に精通。縁があってタクシー業界に携わる中で、この異業種に対する違和感と、一方で組み合わせの大きなチャンスを発見。移動や運搬のビジネスモデルに、金融的発想と富裕層をつかむビジネス展開をすることで、タクシー業界にあっても年収3千万円を突破させることができる独自方式を開発。周囲のタクシー関係者から「売り上げる方法が一変した」「働き方が180度変わった」「利益が大きくでるようになった」など、評価が高く、日本のタクシー業界を一新するべく、専門コンサルタントになることを決意。鋭意活動中。


いつまで今のやり方が通用するか?

いやこのままで良いのだろうタクシー業界は今のままで良い。

もう少し我慢していれば・・・

景気が良くなればなんとかなる。

と言うふうに考えている方は少ないでしょう。

ではどうするのか?

いつまでも流しや駅の付け待ちのようなことをしていては変わりません。

飲食店を見ても行列のできる飲食店と潰れていく飲食店。

何が違うのでしょうか?

経験が蓄積されるビジネスと毎回その場限りのビジネス。

お客さんが増えていく会社といつまでもお客さんが増える事のない会社。

仕事をしていく上で何年も仕事をしていけば通常お客さんは増えるものです。

タクシービジネスの場合は常に日々違うお客さんに利用して頂くという

ビジネスです。

この会社が良いと指名をされるということは少ないです。

というかほとんどないと言っても良いかもしれません。

いつまでもこのままでいいのでしょうか?

今後、需要が伸びる見込みがあるというのであれば良いでしょう。

お客からみてあなたの会社を選ぶ理由は何でしょうか?

どこの会社もサービスは一緒。

それどころか、駅で待っていて、やっと乗れたのは良いが、道は知らない、運転も安心して乗っていられないというのでは、目も当てられません。

なぜこのようなことになるのか?

これまでは、それでも何とかなりました。

というよりも仕方がないとあきらめている所があったのです。

しかし時代は常に変化しているのです。

その変化の波に乗れていないのであれば、これは考えなければなりません。

これまでと同じやり方、戦略が今後もつうじるのでしょうか?

よく考える必要があります。

何も手を打てないでいれば、いずれお客さんは離れていくということを肝に銘じておく必要があります。

自らが顧客を開拓して選ばれる会社を目指すという戦略を打ち出していかなければ、いつまでたっても成長するビジネスにはなりません。

一時的に儲かるビジネスというのもあります。

しかし会社としては継続性が必要です。

それは継続的に会社の強みが増していくビジネスであることです。

会社が成長していくのに必要な事はお客さんから選ばれる会社になること。

それと繰り返す仕組み作りです。

会員制、定期購読、携帯電話の通信費、ポイントカード・・・

世の中にはあらゆる仕掛けがあるのです。

私の所にも無料サービスといって、カミソリ本体と替刃1枚が一緒に送られてきたことがあります。

たまたま以前使用していた、カミソリ本体が汚くなっていたので、そのカミソリを使う事にしましたが、結局、替刃はその本体専用なので、今でもその替刃を購入することになりました。

しかも本体よりも替刃の方が高いのです。

それでも他の会社は営業してこないので、今でも結局ここのカミソリを利用しています。

このように収益構造をしっかりと考えて顧客開拓を行っている企業と何も手を打たずに只、待っているばかりでは、当然、将来的には大きな差が生じてきます。

繰り返す仕組みがあれば自然と顧客を大切にする習慣が出来ます。

その仕組みがないと1度きりのお客さんではありきたりのサービスしかしない。

またサービスも雑になりかねません。

お客さんから選ばれる。

お客さんを選ぶとはどういうことか?

こちらが収益構造をしっかりと考え構築する事です。

いくら社員にお客さんのサービスを上げるように指導をしてもそれが、継続性のあるお客さんか、いちげんさんでは対応が変わってしまうのは、人間の常ではないでしょうか?

ましてそれが自分にとっての利害にも関わるのであれば尚更です。

これは、私も経験があるのですが、以前の会社では、転勤や移動もある会社だったので、お客管理も移動した場合は以前の担当から引き継ぎ顧客管理を行います。

転勤するから関係ないとお客さんの対応が雑になり、あとで、引き継いだ時にその場しのぎの無茶な約束が交わされていたりしてとても苦労したことがありました。

人は自分が一番大事なのです。

自らが泥を被ることはしたくないのです。

自分がいる間は、面倒はゴメンだとなります。

それであれば、はじめからそのようなことも見越した、仕組みを作ることです。

全てを見越した仕組みを作ることは、難しいですが、人が働きやすい環境を作ることは、経営者としての使命ともいえます。

あなたの会社の収益構造は万全と自信をもって言えますか?

 


移動空間ビジネスの視点
中野智行

移動空間コンサルティング

株式会社 移動空間研究所代表取締役

中野智行

執筆者のWebサイトはこちら https://www.movslab.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×