経営者が人前でスピーチする前に、すべき準備

  エグゼクティブ専門のスピーチ 矢野香 SPECIAL
矢野香 SPECIAL

エグゼクティブ専門のスピーチコンサルティング

株式会社オーセンティ 代表取締役 矢野香

政財界、本物志向のエグゼクティブだけを対象に、信頼を勝ち得る話し方をマンツーマン指導するコンサルタント。言語表現と非言語表現を組み合わせて、信頼づくりをコントロールする科学的手法を指導。


117

先日、今月の統一地方選挙の立候補予定者に研修をさせていただくため永田町にある「衆議院 憲政記念館」に伺いました。

ここは、議会制民主主義について、一般の認識を深めることを目的に、1972年に開館した施設です。国会の憲政の歩みに関する資料や映像などがそろっています。

そして、「議場体験コーナー」として実際の本会議場の3/4の演壇が設けられているのです!

20711_828591793853291_6594976662712335355_n

国会議員の先生方が本会議に向けたスピーチトレーニングをするときに、最適な場所をみつけました(^。^)

トレーニング、リハーサルはこのように出来るだけ本番と同じ条件の場所で行なうのが理想です。

人前で話すとき、どんなに完璧に、どんなに繰り返し練習していたとしても、人は誰でも、初めて見たものには警戒しますし、緊張します。

緊張状態になって、しどろもどろのスピーチにならないためにもリハーサルが必要です。

それも、リハーサルの状況が本番に近ければ近いほど本番で必要以上の緊張が避けられます。そのために、同じ条件の場所でのリハーサルが理想なのです。

あなたがもし自社の会議室で話すのであれば、同じ場所でのリハーサルは簡単なはずです。

もしも、ホテルなど他の会場での挨拶スピーチや、他社に出向いてのプレゼンであっても、可能な限り同じ条件の場所を探してみましょう。

同じ条件でリハーサルを実際にやってみると、多くの気づきがあります。

声の通り具合や、演台の高さ、演台から客席までの距離感など。
頭の中で想定するよりももっと細部にまでシュミレーションができ、本番での落ち着きに繋がります。

本番の会場や、それに似た会場でリハーサルができない場合には、”秘策”があります。それは、演台へ入場する前に、客席を事前に見ておくということです。

名前を呼ばれて入場し、正面についたら深々とお辞儀をして顔をあげる。この瞬間に、「はじめて客席を見る」という状況を作らないようにしましょう。

もしも、あなたがどこかに招かれて話す場合は、どんな会場で話すのか事前に見ておくことは、とても大切なことです。

たとえ本番の数分前であったとしても必ず事前に会場をのぞくようにすると良いでしょう。


【エグゼクティブの話し方】 人を率いる者の正統派スピーチ
矢野香

エグゼクティブ専門のスピーチコンサルティング

株式会社オーセンティ代表取締役

矢野香

執筆者のWebサイトはこちら http://www.authenty.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×