「決断する」という意味

  「S顧客」開発経営 伊藤壽朗 SPECIAL
伊藤壽朗 SPECIAL

「S顧客」開発経営コンサルティング

株式会社タイトルメイク 代表取締役 伊藤壽朗

3万件以上の飛び込み営業を実践したきた実践派。見込み客発掘から顧客満足に着眼し、最優良S顧客へと取引を拡大する独自のノウハウ、『「S顧客」開発経営』を中小企業に導入し、次々に実績を上げ続けている注目のコンサルタント。


4b6aa9d4ed9eb2999828f96cc5ef96ae_s

「伊藤さん、なかなか会社よくならないんですよね」-先日とある経営者の方がおっしゃっていた一言です。なかなか会社がよくならないといっても、そうおっしゃる側の経営状況は、当然ではありますが会社によって違いがあります。

例えば、会社がこのままいくと、あと2か月で資金を全て使い果たしてしまうという状況で出る「なかなか会社よくならないんですよね・・・」という言葉と出会ったことがあります。

発する側の社長は、非常に深刻で、表情も険しく、家族や従業員の事を考えれば、「なんとかしなければいけない」と身を粉にして日常を送っている状態です。

また、よく起こりうる状況としては、食べるのに困らない中で、冗談交じりに「ウチは会社なかなか伸びないんですよ」という方にお会いします。上手くいっているといえばいっているけど、「それなりに」という感覚をお持ちの方々です。心のどこかで、このままいくといつかダメになるのではないかと、経験上わかっている方々です。

さて、今回は

「決断する」という意味

というタイトルでコラムを書かせていただきました。早速ですが、「決断」とは、「決めて断つ」という事です。

例えば、「健康な身体を手に入れると決めるならば、酒とタバコを断つ」とします。酒を飲むことが好きで、愛煙家の方々がタバコをやめるという事は、苦しさを伴います。

例えば、あと数か月で会社が倒産してしまうという状況で、「会社を建て直すと決めるならば、雇用を断つ」すなわち社員に辞めてもらわなければならないとします。ご経験がある社長はお分かりだと思いますが社員に辞めてもらうというのは、本当に心が苦しいものなのです。

決断するという行為において、注目すべき点は、「決めるという事よりも何かを断つ事」ではないでしょうか。健康な身体を手に入れる例や、会社を建て直す例をとってみても「断つ」事は苦しい事を受け入れなければなりません。この意味をまずは理解することが肝要だと考えています。

冗談まじりに「ウチは会社がなかなか伸びないんですよ」という経営者は、今の状況で困らないという「快適さ」があるわけです。この快適さが、決断を妨げる要因になっていると考えています。

という事は、今の状況で困らないという「快適ゾーン」にいる方が、決断するには自分自身を危機的な状況に追い込まなければいけないという事になってしまいます。

しかしながら、お察しの様に自らを危機的な状況に追い込むというのは、非常に難しいものなのです。従って、自然とそうなる・・・すなわち、身体を壊してしまったり、会社が倒産しかけてしまったりしてはじめてその時に気付くのです。よく一般的に身体を壊してはじめて、健康の有難さに気付くといった体験をするのは、この事だと考えています。

では、組織を率いるリーダーが危機的な状況になって初めて気付いていていいのでしょうか。いいわけがありません。ではどうすべきだと考えますか?

私の周りには、常に自分がどうありたいのか、何をやり遂げたいのか、何がしたいのかを決めている人達がいます。私の場合であれば、「コンサルタントとしてどうあるべきなのか」という事です。

会社経営や事業づくりにおいては、経営理念やビジョンがそれにあたると考えています。このあるべき姿や、事業理念・事業思想を大切にできる方々というのは、快適ゾーンには入りません。常にどうあるべきかを追い求める事ができるからです。

こうあるべきだと決めているならば、何かを必ず断っています。すなわち、こうあるべきだと自分の道、自社の道を歩む、覚悟があるならば、組織のリーダーとしてその苦しさを受け入れる覚悟があり、それを当然実行しているという事です。

再度申し上げますと、決断するという意味は、「決めて断つ」という事であり、「断つ」という事は苦しさを受け入れなければならないという「覚悟」であり、大切な事はやはり、自社の理念を明確にしそこに向かって突き進むという事だと解釈をしています。

皆さんの決断は、何をすると決めて、何を断っていますか?


「S顧客」を開発する、経営の仕組みづくり
伊藤壽朗

「S顧客」開発経営コンサルティング

株式会社タイトルメイク代表取締役

伊藤壽朗

執筆者のWebサイトはこちら http://titlemakeconsulting.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×