トップ > コラム > 日本社会が持つ絶対的な強みとは

日本社会が持つ絶対的な強みとは

  知見発掘の経営 西田純 SPECIAL
西田純 SPECIAL

知見発掘の経営コンサルタント

株式会社FSコンサルティング 代表取締役 西田純

経営コンサルタント。社員の見たものをお金に換えるしくみづくりの専門家。企業が社内各所に埋もれさせている「有用な知見」を発掘し、共有知・組織知として業績向上につなげる。国内外のさまざまな経営事例を通じ、30年以上にわたり一貫して小集団活動やプロジェクト現場における共有知の価値を研究してきた、知見活用のスペシャリスト。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


海外で仕事をしていて日本に帰って来ると、社会の仕組みに独特の落ち着きと言うか、居心地の良さを感じて、なんだかほっとさせられることがあります。それが何によるものなのかを体系的に解き明かした研究は必ずしも多くないと思うのですが、元証券アナリストで日本に関する著作も多いデービッド・アトキンソン氏は、それは日本人が「場を慮る」力に長けているからではないか、という所見をお持ちです。

日本社会の特徴として「場=空気=居心地」を大事だとする考え方が支配的であるという点は、確かにご指摘のとおりだと思うのですが、でもそれが日本社会の持つ「強み」の本質なのかというと、どうもそれは違うように思えます。

松下やソニー、トヨタやホンダなど、企業社会におけるかつての成功事例に共通して見られるのは、社内で交わされた徹底的な議論ではなかったかと言うことを想起すれば、おのずとその違いは明らかでしょう。

「ワイガヤ」、あるいは「やってみなはれ」で象徴的に語られている新規事業への積極的・徹底的な取り組み姿勢が往時を物語ります。誰でもやる気のあるものが参加でき、さまざまな意見が反映される形で事業が進められて行きました。

他方でアトキンソン氏の指摘するような、空気を大事にする文化も尊重されたため、それがどんなに激しいものであっても、事業を巡る社内の議論がその後の対立を助長するようなこともなかった、と言う意味においては強みを構成する一要素ではあったのだろうと思います。

それでも「空気を読む」あるいは「面倒くさいことを避ける」という行動様式は、成長に向かう強烈なエネルギーを少しでも効率的に活用するための、言ってみれば従の知恵であって、決してそれが主となるものではなかったはずです。

その後、時代は流れて超高齢化社会を迎え、成長へと向かう強烈なエネルギーを失った日本社会における文化的特性が「空気を読む」あるいは「面倒くさいことを避ける」という形でしか残っていないのだとすればそれはとても残念なことだと思います。

他方で、効率性を貴ぶ行動様式が保存されている社会だとすれば、そこに「ワイガヤ」を復活させることができれば、スムースに新たな強みを生み出すことも十分可能なのではないでしょうか。

あなたの会社では、胸襟を開いたオープンな議論がなされていますか?そしてあなたは経営者として、そのような議論の重要性を社内に伝えていますか?

 


当コンサルタント開催セミナーがあります。

社員が見たことを明日の利益に変える経営視点
西田純

知見発掘の経営コンサルタント

株式会社FSコンサルティング代表取締役

西田純

執筆者のWebサイトはこちら https://fs-consultant.net/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×