トップ > コラム > 主婦パートに人気のある店舗、不人気の店舗

主婦パートに人気のある店舗、不人気の店舗

  ロードサイド店の繁盛経営 三上康一 SPECIAL
三上康一 SPECIAL

ロードサイド店の繁盛経営コンサルタント

株式会社ロードサイド経営研究所 代表取締役 三上康一

長年ガソリンスタンドの現場で辣腕を振るって業績を向上させ、その経験を活かして60のロードサイド店舗の戦略を立案したコンサルタントが繁盛するロードサイド店舗に共通する戦略をお伝えする特別コラム。

■主婦パートが希望する働き方

ロードサイド店舗には多数のパートタイマーやアルバイトさんが働いています。その中でも、平日の日中には多数の主婦パートが働いています。

主婦パートが希望する労働条件は、多くの場合、10:00~16:00という勤務時間、そして土日祝の休日です。

当然と言えば当然なのですが、起床し、家族の朝食やお弁当を作り、洗い物や掃除をしながら洗濯機を回し、洗濯物を干してから出社となると10:00からの出社になるのでしょう。

また、パート勤務を終え、夕食の食材を買いに行き、帰宅後に洗濯物を取り込み、夕食の準備をするとなると16:00には仕事を終える必要があるのでしょう。

さらに、家族全員が揃う土日祝日には、みんなでショッピングやレジャーに行ったり、溜まった家事を片付けたりしたいので、土日祝日の休みを希望するのでしょう。

ただし、多くのロードサイド店舗は、16:00以降が忙しくなりますし、土日祝日が書き入れ時となります。とはいえ、そのような時間帯に働くスタッフが休めるようにするためにも、主婦パートの活用が必要となります。

■能力の高い人材の処遇

そのような主婦パートの中には、販売力に優れた有能な人材がいることがあります。採用面接の際は、さほど期待していなかったものの、いざ働かせてみると客受けもよく、販売実績も高い方です。

その場合、戦術志向の店長と戦略志向の店長では、その主婦パートへの処遇に差があることは興味深い点です。

戦術志向の店長は、そのような主婦パートの給与を大幅に上げます。そして、毎日とは言わずとも可能な限り、店舗の書き入れ時である16:00以降も、土日祝日も出勤して欲しい旨を依頼します。入社して間もない主婦パートは、断ることができず、その依頼に応じます。

そして、16:00以降も土日祝日も業績を上げ、店長を喜ばせますが、ワークライフバランスが崩れていき、間もなく退職することとなります。

これに対して、戦略志向の店長は、そのような主婦パートを分析します。出迎えの挨拶から、アプローチ、クロージング、お見送りまでを分析し、他のスタッフとの違いを見極めます。

その違いの中には、他のスタッフでも真似のできるものもありますので、それを全員で共有し、販売力の底上げを図り、店舗の業績を向上させ、全員の給与を上げようとします。

主婦パートとしては、書き入れ時に出社できない負い目があるものですが、戦略志向の店長は、それには触れず、希望通りに働かせます。また、そのような店長が、環境変化によって、勤務時間帯の変更を依頼したとしても、大きな不満にはつながりにくいものです。

主婦パートに人気のある店舗とは、店長が採用時に本人と約束した勤務条件を守り続ける努力を惜しまない店舗と言えるでしょう。

 

ロードサイド店の繁盛視点
三上康一

ロードサイド店の繁盛経営コンサルタント

株式会社ロードサイド経営研究所代表取締役

三上康一

執筆者のWebサイトはこちら https://roadside.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×