評価されているビルオーナー

  三つ星オフィスビル構築 釜口浩一 SPECIAL
釜口浩一 SPECIAL

三つ星オフィスビル構築コンサルティング

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ 代表取締役 釜口浩一

稼ぐビル・テナント事業の仕組みをつくる専門コンサルタント。独自の「三つ星オフィスビル」基準を用いて、「ぜひ、入居したい」「入居し続けたい」と思われる、“キラリ”と光る賃貸ビジネスの実現を指導。


機構用_20150605

先日、ある雑誌に、不動産仲介業者による売り物件の囲い込みについての記事がありました。

囲い込み、つまり、売主から仲介を依頼された業者が、買い手も自社で見つけるように、他の仲介業者から照会があっても情報を出さないなどの対応をしていることです。
これにより、仲介手数料を売主と買主の双方からもらえます。違法なのですが、売上をあげるために、大手不動産会社も行っているのではないかという記事でした。

仲介業者も商売なので、できるだけ売上を上げたいということです。
しかし、仲介業者には、信頼が必要という面もあります
本日は、この点について。

ビルに空室が発生し、新たにテナントを募集するとき、仲介会社にも客付を依頼します。仲介業者としては、仲介した賃貸借契約が成立してはじめて、手数料をもらえますから、手数料をもらえるか、手数料がいくらかが、仲介活動をするときの大きな動機になります。

しかし、信頼のおける仲介会社の社員は、それだけが行動の基準ではありません。以前、このようなことがありました。

ある仲介会社の方と打合せをしていたときのこと。その日、その方が仲介したばかりの企業の移転責任者の方から連絡が入ったそうです。その企業は、入居に当たり、会議室設置などの内装工事を行うことになっていました。そのビルは、テナントの内装工事は、ビルオーナー指定の工事業者が行う取り決めがあります。これは、テナントが勝手に工事すると、建物や設備を痛めることとなる可能性があるので、やむをえない面があります。

話は元に戻りますが、この連絡は、内装工事の見積額が高すぎるというものでした。
この企業は、他にも賃借しているビルがあるため、それらのビルでも内装工事をしますが、これらと比較して格段に高すぎるというものです。

テナントの立場に立つと、“なぜ、こうようなビルを紹介したのか”ということです。
仲介会社の社員にとってみれば、自分の信用問題にもなりかねません

まずは、状況を把握し、工事見積額が適正なのか高すぎるのかを確認するのでしょうが、場合によっては、このビルオーナーには、次からテナントを紹介するのを控えようという気にもなるでしょう。

ビルオーナーも、評価されていることを忘れないようにしましょう。


【稼ぐビル・テナント事業】 稼ぎ続ける新しい仕組みづくりの視点
釜口浩一

三つ星オフィスビル構築コンサルティング

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ代表取締役

釜口浩一

執筆者のWebサイトはこちら http://sssb.jp/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×