内覧つまり来店時の成約率を高める方法

  三つ星オフィスビル構築 釜口浩一 SPECIAL
釜口浩一 SPECIAL

三つ星オフィスビル構築コンサルティング

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ 代表取締役 釜口浩一

稼ぐビル・テナント事業の仕組みをつくる専門コンサルタント。独自の「三つ星オフィスビル」基準を用いて、「ぜひ、入居したい」「入居し続けたい」と思われる、“キラリ”と光る賃貸ビジネスの実現を指導。


機構用_20150619

貸ビルの空室募集中に、テナント候補である企業の担当者が内覧に来ます。忙しい時間を割いて、あなたのビルに足を運ぶわけですから、入居する可能性があるということです。物販店であれば、お店に来てくれたということです。

しかも、毎月高額の家賃を支払うのですから、超高額品の購入と同じです。あなたが車を買うとき、宝石を買うとき、住宅を買うとき・建てるときを思ってください。企業の担当者にしてみれば、同じ状況です。貸ビルですので、いわば、1種類の商品売っている専門物販店と同じです。

内覧に来る企業の担当者は、テナント募集のチラシや仲介会社の社員などを通して貴方のビルについて知っていますが、限られた内容です。そこで、企業の担当者は、ビル設備の仕様やセキュリティ対策など、知っておきたいことを質問します。

また、企業の担当者は、チラシやリーフレットに書いてあることでも改めて確認をします。リーフレットに“書いてある”と思っても、口に出してはいけません。表情に出してもいけません。企業の担当者は、わかっていても確認したいものですし、覚えていないものとして接することが大切です。

そして、次のことが大切です。
“その企業の担当者の質問に、すぐ、明確に、答えること。”

貸主は、「賃貸オフィスビル」という商品・サービスを提供しているのですから、自分の商品・サービスについて、お客様に説明できることは当然のことです。しかし、これができていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

仲介の方は、お客様を連れてきてくれていますが、貸すのは、あなたです。空調の仕組み、早朝・夜間を含めた入退館方法、通信回線など、多くの企業が確認しておきたいと思うことは、内覧対応をする前に、今一度、確認しておきましょう。

的確な受け答え、身だしなみ、事前準備。これらが内覧後の成約率を高めることにつながります。


【稼ぐビル・テナント事業】 稼ぎ続ける新しい仕組みづくりの視点
釜口浩一

三つ星オフィスビル構築コンサルティング

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ代表取締役

釜口浩一

執筆者のWebサイトはこちら http://sssb.jp/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×