トップ > コラム > NHK朝ドラ「あさが来た」から成功するための秘訣を抽出する

NHK朝ドラ「あさが来た」から成功するための秘訣を抽出する

  売れるベネフィット営業体制の構築 奥村政治 SPECIAL
奥村政治 SPECIAL

売れるベネフィット営業体制の構築コンサルタント

オクムラ経営コンサルティングオフィス 代表 奥村政治

製造業・サービス業といったBtoB企業のための営業力強化コンサルタント。製品・サービスの中にあるベネフィット(製品・サービスを使うことによって得られる効果・効用・解決策)を見つけ出し、誰にでも分かる形にして営業の仕組み・体制をつくる。

a0960_005168_m今回はベネフィット営業に関するお話しではなく、違う話題を提供します。NHKの朝ドラ(正しくはNHK連続テレビ小説)の「あさが来た」を毎日観ています。放映時間前には会社に出勤していますので、帰宅した「よる」に録画再生しています。

幕末から明治にかけての時代劇の要素と、両替屋から炭鉱・銀行に業態転換するビジネスドラマの要素があり、毎回楽しみにしています。

ドラマとして普通に楽しむだけでも良いのですが、「あさが来た」の中からビジネスで成功するための秘訣を探り出し、3つのポイントにまとめてみました。

 

1.方向性を明確にして行動している

主人公のあさは、次の時代を自らの「直感」でイメージして方向性を明確に打ち出して行動していきます。

例えば、炭鉱ビジネスに乗り出すときも陸蒸気(蒸気機関車)が東京に開通したことを知り、やがて大阪にも鉄道が開設されるとイメージします。中長期的に全国的な鉄道網が整備されると、蒸気機関車を動かす石炭の消費量が大幅に伸びることが予想されるので、誰もやっていない段階から仕込みを行うことが必要と考えます。

劇中では視聴者に分かりやすくするために、鉄道の開設によって石炭の消費量が増えるというセリフだけですが、他にも石炭消費増大の要素はたくさんあります。蒸気船の定期航路の開通、欧州から蒸気で動く機械設備を導入して官営・民営工場の建設ラッシュ等が挙げられます。

欧州を視察し、日本の新しいビジネスモデルを考えていた五代友厚の存在もあさの方向性を後押ししていました。ただ、彼女が考える方向性は、周囲の反対によって前進しません。古い商慣習が残っている明治期であれば当然でしょう。ところが、彼女の明るい性格と人を巻き込むエネルギーに周囲は「びっくりぽん!」となり、方向性を実現していきます。

 

2.現地・現場を訪問している

あさは自ら正しいと判断した時には現地や現場を訪問しています。当時の女性の行動としては最先端というか異端であったと考えられます。しかし、異端こそが競合との差別化に必要かもしれません。

加野屋に嫁入り後、あさは商売の勉強を始めます。大福帳を調べて顧客である大名の不良債権を発見。顧客が大名であっても返済期限を過ぎているのに「元利返済しないのはおかしい」と思い、あさは大名屋敷に乗り込んで返済交渉を行います。

また、炭鉱ビジネスに乗り出す時も人に任せるのではなく、現地に足を運んでいます。現場の炭坑夫と一緒に働きながら、彼らを理解して気持ち良く働いてもらうための環境作りを続けていきます。

さらに、東京を視察して、たくさんのキーマンと面会しています。五代の会社と訪ねると大久保利通内務卿(当時の政界トップ)を紹介されます。こうしたネットワーク作りもしなやかに行っていきます。

現地・現場を訪問するあさの行動力の源泉は、上記の1で指摘したように「自分自身の方向性が明確になっているから」と推察できます。

 

3.ターニングポイントで手紙を書いている

あさはターニングポイントになるところでキーマン宛に手紙を書くことが多いです。古今東西、成功している人はマメに手紙を書いていますが、あさも同様です。

女子大学校設立のために、あさは奔走しますが思うように進展しません。そこで、東京で学校運営している大隈重信に協力を要請するために手紙を書きます。このシーンを見てひとつ疑問を持ちました。あさの実家である今井家は、東京に進出して銀行業を営んでいます。実家のネットワークを使えば、大隈を紹介してもらうことは簡単に出来たはず。でも、手紙を出しているのです。

手紙を出した後、あさは東京の大隈邸を訪問します。現代に置き換えると営業マンが見知らぬ社長に手紙を出し、3~4日経過してから電話をかけて、面会のアポイントを取って訪問するようなイメージです。

あさが大隈と面会した時、夫人から「手紙を送ってくれた大阪の白岡あささんですよ」と紹介されます。大隈も手紙のことを覚えていて、面会することを楽しみにしていたと伝えます。つまり、覚えてもらえるような内容を書いていたわけです。手紙を出すことも重要ですが、中身はもっと重要です。

手紙には自分の考えを整理してから文章化できるメリットがあります。納得できるまで何度も推敲して書き直しが可能です。手紙の効用は昔も今も変わることはないでしょう。

 

普段、何げなく観ているドラマを自分に置き換えると、成功するヒントを見つけることができます。我以外皆我師ですから。

 

 

 

【ベネフィット営業】効果・効用・解決策を売って儲ける経営の視点
奥村政治

売れるベネフィット営業体制の構築コンサルタント

オクムラ経営コンサルティングオフィス代表

奥村政治

執筆者のWebサイトはこちら http://www.1project-support.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×