トップ > 三上康一の記事

ロードサイド店の繁盛視点

三上康一 SPECIAL

ロードサイド店の繁盛経営コンサルタント

株式会社ロードサイド経営研究所 代表取締役 三上康一

長年ガソリンスタンドの現場で辣腕を振るって業績を向上させ、その経験を活かして60のロードサイド店舗の戦略を立案したコンサルタントが繁盛するロードサイド店舗に共通する戦略をお伝えする特別コラム。

三上康一 最新コラム

SPECIAL
ロードサイド店の繁盛経営コンサルタント

生き残る電気店を経営するために広告と店頭の活性化が必要な理由

■倒産の原因 ある電気店の組合で講演をすることになりました。近年は倒産する電気店が増加しているようですが、その店舗の顧客が、同じ組合に属する他の電気店の顧客になってくれればまだ良いのですが、家電量販店の顧客になってしまうケースが多い…

詳細はこちら

三上康一 コラム バックナンバー

筆者プロフィール

経営コンサルタント。ロードサイド店を繁盛経営させる専門家。21年間で17カ所のガソリンスタンドの現場に身を置き、引き継いだ赤字店舗を4年半ぶりに黒字化させたり、2店舗においてガソリン販売量新記録を達成させたり、タイヤの大量販売を実現するなど数々の実績を挙げる。

ガソリンスタンドは、他の業態と比べると扱い品目含め、とることのできる販促手法が少なく、価格競争ばかりと思われがちな中、車両情報と購買履歴・接客情報を結び付けていく独自の手法を編み出す。また、店長としてスタッフ育成にも励み幾多の後輩店長を輩出、学生アルバイトが就職したがる店舗を構築する。

その後、平成21年にコンサルタントへ転身、これらのノウハウを活かして60ものロードサイド店に展開し、戦略を構築、12年ぶりに売上を前年超えさせた雑貨店、売上が倍増したタクシー会社など、多くの業績アップを実現させる。
株式会社ロードサイド経営研究所 代表取締役

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×