トップ > ヤマト運輸

ヤマト運輸

SPECIAL
商品リニューアルコンサルタント

テクノロジーを恐れる前に経営者が持つべきたった一つの考え方

AI、ロボット、自動運転、AR、VR、ブロックチェーン・・・、 第4次産業革命の到来と呼ばれ日々「仕事を奪われる」そんな恐怖の言葉が跋扈しています。 商品リニューアルコンサルタントとしてわたくしが直観することは、 たったひとつのこと…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

断捨離ブームに見る強みづくりの本質とは

なぜ今「断捨離」という言葉がもてはやされているのでしょうか?それは、ある意味まだ使えるものを捨てるという本来罪悪感を覚える行為を、「断捨離」というキャッチ―なフレーズにのせることによって正当化することができるからです。 特に我々日本…

詳細はこちら

SPECIAL
通信販売コンサルタント

宅配送料についての新しい取り組み

今年ほど物流業界の運賃値上げやサービス変更に翻弄された年はないだろう。 ヤマト運輸を筆頭に、佐川急便、日本郵便の大手3 社が今年、運賃値上げや荷受量の規制に動いたからである。 国土省の発表によると、昨年度の宅配便の取扱い数は優に40…

詳細はこちら

SPECIAL
通信販売コンサルタント

攻勢を続けるアマゾンの自前配送

荷物の急増と人手不足から、物流業界が大きな事業転換を断行する最中、アマゾンジャパンは自社の物流網を使って商品を効率的に配送する仕組みを導入。今年4 月から有料会員向けサービス「プライムナウ」( 年会費3,900 円) で、日本橋三越…

詳細はこちら

SPECIAL
プラチナ社員づくりコンサルタント

第43話 社長の仕事は ”労働組合を真似る” こと

ヤマト運輸は、宅急便のネットワークを維持・発展させていくため、またその担い手である社員の健全な労働環境を守るため、配達受付時刻の変更、時間指定の見直し、そして運賃の値上げを実施することを公表しました。 一部報道によると、これらの運賃…

詳細はこちら

SPECIAL
通信販売コンサルタント

「ヤマトショック」と「郵便料金値上げ」

いま、巷で話題となっているのが「ヤマトショック」だ。ヤマト運輸が取扱数量の急増と労働力不足から、宅配便サービスの一部見直しと、配送料の値上げに向けて動き出しているのだ。 これは一般消費者にも影響する話であるだけに、業界を超えて社会の…

詳細はこちら

SPECIAL
通信販売コンサルタント

「朝会」「朝礼」を情報共有の場に

朝礼

9月末に引越しが完了した楽天本社の新オフィス『楽天クリムゾンハウス』(二子玉川)。ここでは、毎週火曜日、朝8 時から約1 時間、全社員参加の「朝会」が行われている。 朝会会場には、2,000名の座席が用意されているほか、ビデオ会議シ…

詳細はこちら

SPECIAL
通信販売コンサルタント

コンビニと通販物流

f5fe3218397f09d9f87033c91116c505_s

コンビニ商圏は500メートルしかない。このように狭いエリアに限定されるコンビニと、全国をくまなく商圏とする通販との本格的なアライアンスが、にわかに動き出した。 その火付け役となっているのが、物流企業である。とくに日本郵便やヤマト、佐…

詳細はこちら

SPECIAL
通信販売コンサルタント

社長のための通販の数字── 6,000ヵ所

9b6f49409ffb4500f75d272b472eaaa3_s

この数字は、宅配便最大手ヤマト運輸の全国の営業拠点数である。車両数約5万台、取扱店 24 万 5,000 店を抱えるヤマトでは、今年、宅配便ネットワークを支える基幹情報システム「NEKOシステム」を5 年ぶりに刷新。非効率的な再配達…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×