全般

SPECIAL
年商10億事業構築コンサルティング

鳴り物入りで外部から迎え入れた経営幹部が、1年後にはいなくなる。その根本原因とは?

「矢田先生、彼は退職しました。」 F社長は話を始めます、お互い席にも座っていません。 一年前、システム開発業F社は、高額を払い、A氏を幹部として迎え入れました。 「最近になって、彼を活かしきれない理由が解ってきただけに残念です。」 …

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

社長の「情報発信」は自ずと自己研鑽に繋がる―自分を追い込むことで見えてくるもの―  

「情報発信」をするということは、当たり前の話ですが、それを全くやっていない人に比べて世間の注目をより浴びることになります。初めのうちはそれほどでもなくても、続けていれば、やがてSNSなどの読者は、それなりの数が蓄積されてきます。 さ…

詳細はこちら

SPECIAL
印象マネジメント「プライムイメージ」コンサルティング

求められるのは、社長個人完結型から企業体としての一貫性

コンサルティングをするなかで、ご自身のなかでの「一貫性」の重要性をよくお話ししています。とくにビジネスシーンの印象マネジメントでは、業種やポジションを踏まえ、その外見や言動には、ある程度の「一貫性」が求められ、それはとても重要なこと…

詳細はこちら

SPECIAL
印象マネジメント「プライムイメージ」コンサルティング

間違ってはいけない!企業としての「服育」

「“服育”っていうのも、あるんですね?」  最近、銀座にある公立小学校の制服が高級ブランド・アルマーニになる、という話題がニュースになりました。そのなかで一流ブランドを制服に採用する理由の一つとして、「服育」という言葉が使われていま…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

前例がないからやる・・は勲章!―硬直化した現状を打破するのは社長の役目―  

硬直化した官僚制度や大企業病に陥った組織に対する批判として、よく 「彼らは『前例がないから・・・』という言い訳によって、新しいことを受け入れようとしないし、チャレンジしようともしない。」 といったことが言われます。 ただ、この言い訳…

詳細はこちら

SPECIAL
商品リニューアルコンサルティング

「商品世界観」と収益増の原理原則

すっかり季節は秋めいてきました。自然界に四つの季節が巡るように、事業経営においてもどんなに勢いのある商品も必ず斜陽化していく、という原理原則があります。経営者の皆さまが、まずこのことをしっかりと認識することが収益増への第一歩です。 …

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×