トップ > 全般

全般

SPECIAL
インストラクター制度構築コンサルタント

初公開!年商1000億越え企業の人財育成の基礎 (1)

「先生!お久しぶりです!」  と、先日久しぶりにお会いしたM社長。すれ違いざまに元気で覇気のこもったお声をかけていただいたので、半ばビックリして振り返ったのも記憶に新しいです。  近況も含め多くの話題で、気になる言葉を聞きました。 …

詳細はこちら

SPECIAL
『業績3年 先行管理』の仕組みづくり専門コンサルタント

SFAを導入する前に、経営者がすべきこと

「○○社のSFAを導入することにしました。我が社の営業組織もこれで強くなると思います。念のため確認したいのですが、何か注意すべき点はございますか?」  SFAとは、営業支援システム(セールス・フォース・オートメーション)のことです。…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルタント

地方メディアの「情報発信効果」を利用する―地域特性を活かして自社をアピール―

先日、私のオフィスに来られたクライアントさんの言葉です。 「いやあ、先生に教えていただいた通り地方メディアを、新規事業の出だしに大いに利用させてもらいました。あのレクチャーがなかったらメディアに声をかけるという発想は、私にはありませ…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルタント

「情報発信」を長く続けるコツとその効果―常に「問題意識」を持つことの意義―

経営者が「情報発信」を続けていれば、必ずと言っていいほど「ネタ」に困る時期が出てきます。 当初、自社の持つストーリーやエピソードなど、あらかじめ準備したコンテンツでかなりのところまで行けるのですが、やがてそこから発生させた横展開や多…

詳細はこちら

SPECIAL
ミッションマーケティングコンサルタント

第125号:「選択」と「集中」へのためらいが自分と社員の時間を奪う

朝礼や会議等を行う時間がないほど目の前の業務に追われ、仕事をこなしていくのが精一杯という企業が、ますます多く見受けられるようになっています。働き方改革が叫ばれる中で、社員の労働環境を改善しなければならないと思う一方で、現場の仕事はオ…

詳細はこちら

SPECIAL
通信販売コンサルタント

通販ビジネスの「1・5・4の法則」

商品原価率をいかに低くして、粗利益の最大化を図るか―。これはメーカーだけでなく、どんな業界においても重要なテーマである。これに関連して、通販ビジネスには「3・3・4の法則」というものがある。商品原価3 割、販促経費3 割、その他の経…

詳細はこちら

SPECIAL
年商10億事業構築コンサルタント

経歴重視で採用する会社には、絶対的に〇〇が無い!成長企業の人を選ぶ2つの基準とは。

K社長は、内線で資料を持ってくるように依頼しました。 トントン 「失礼します。社長、資料になります。一様こちらもお持ちしました。」 「ありがとう。ああ、ありがとう、助かるよ。」 矢田も余計なことを言います。 「優秀そうな方ですね。」…

詳細はこちら

SPECIAL
開業カウンセラーコンサルタント

自由な人と不自由な人では売り上げの桁が違ってくる

「なかなか文章が上達しないんです」  ライティングをレクチャーしていると、あっという間に上達する人と、一向に上達しない人に分かれます。  理由はハッキリしています。  自転車で例えると、「補助輪を外したい!」と強く願っているかどうか…

詳細はこちら

SPECIAL
社内独立店開コンサルタント

人気商品や業態は徹底的にパクるのが正しいのか

店舗ビジネスでは「顧客ニーズに合わせた商品(モノ・サービス)の開発」が業績の根源であり、さらにその商品が店舗の顔ともなるため、店舗経営戦略として最重要事項となります。しかし、このことを軽く見ている経営者が散見されるのが実情です。 ど…

詳細はこちら

SPECIAL
印象マネジメント「プライムイメージ」コンサルタント

年商が上がると、変えていくものとは?

「年商5億、10億と上がっていくと変えるものとは何ですか?」 昨日の自社開催セミナーで、ある社長からいただいた質問です。成長している企業では、年商が上がり、企業規模が大きくなることで、変化することはいろいろとあります。ここでのテーマ…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×