要注意

SPECIAL
メーカーの儲かる仕組みづくりコンサルティング

人の動きより現場の在庫に着目してみる

「カイゼンで生産性がアップしたのはいいけど、現場の従業員がバタバタして余裕がなくって・・・・」 もしみなさんの現場がそんな状況になっていたらいくら生産性が上がっていても要注意です。 それは作業者の無駄な動作を無くしていったので、動き…

詳細はこちら

SPECIAL
プラチナ社員づくりコンサルティング

第53話 社長の仕事は、”机を拭く”こと。

「ソノダさん、3時の掃除をやりはじめたら、社員の方から声をかけてくれるようになりました。」 ー顧問先に数か月前に赴任してきた課長の言葉です。 見せかけの経営参画 この会社は、事業拡大に対応するために、生産性の向上を図ろうということに…

詳細はこちら

SPECIAL
クライシスマネジメント(想定外の危機への対応)コンサルティング

専門コラム「指揮官の決断」 No.053 国連軍司令部をご存知ですか?

日本列島越しに弾道ミサイルを発射し、我が国に空襲警報を鳴らさせた北朝鮮ですが、このところ沈黙を守っているようです。 ネット上では、米国は臨戦態勢に入ったとか、年内に開戦必至などという噂が駆け巡っています。極東を行動中の米空母が3隻に…

詳細はこちら

SPECIAL
クライシスマネジメント(想定外の危機への対応)コンサルティング

専門コラム「指揮官の決断」 No.051 アウトドアの勧め その2

前回、アウトドアレジャーについての記事を掲載しました。そこでお薦めする理由として二つの理由を挙げました。  一つは、危機管理の専門コラムとして当然のことながら、アウトドアレジャーの様々な局面でサバイバル技術の基本が学べるからです。ロ…

詳細はこちら

SPECIAL
ホスピタリティビジネスコンサルティング

組織の課題を正確に把握する方法

「船坂さん、組織の課題を把握するにはどうすれば良いですか?」 ある経営者から聞かれた質問です。 組織が大きくなるほど、組織の真の課題は経営者の耳に入りにくくなり、正確に現状把握できない傾向があります。 その大きな要因としては、情報源…

詳細はこちら

SPECIAL
ブランディング営業体制コンサルティング

経営に必要な4つの目

「ウチの社長の話しはあまりに壮大過ぎて理解できないんですよね…」 「ウチの社員は目の前の事ばかりに気を取られて困るんだよね…」 「ウチの上司は昔のやり方ばかりを押し付けてきてやってられないよ…」 弊社にお越しいただく方の口からよく出…

詳細はこちら

SPECIAL
商品リニューアルコンサルティング

「赤ちゃんと羊羹」式ヒットの作り方

商品リニューアルのご相談を受け、東京郊外にあるカフェの商品会議に参加しました。仮にA社としましょう。A社はもともと和菓子屋を起源としており、和菓子店併設のカフェで提供するスイーツの商品会議です。テーマは「羊羹」です。既存商品ですが売…

詳細はこちら

SPECIAL
商品リニューアルコンサルティング

顧客データの法則

お客様データは御社にとって守るべき最も大切な財産です。ものすごく大事なものです。冒頭から当たり前のことを申し上げております。しかし、案外軽やかに考えている会社が多いものです。お客様データについて頭の中では「重要」とわかっているが、当…

詳細はこちら

SPECIAL
印象マネジメント「プライムイメージ」コンサルティング

【No.5】「印象操作」とトップは言ってはいけない

「一体、どこで覚えたのか――?」  という声も出ており、週末に話題になっていたのが、安倍首相が国会(2017年5月30日)で何度も口にした「印象操作」という言葉です。  日頃から、「印象」をテーマに仕事をしているため、私自身、「印象…

詳細はこちら

SPECIAL
クライシスマネジメント(想定外の危機への対応)コンサルティング

専門コラム「指揮官の決断」 No.027 過去の事例にいかに学ぶか

成功している経営者は最初から順風満帆であったわけではなく、何度失敗してもあきらめず、自分の失敗から学んだのだとよく言われます。そして失敗を恐れてはならず、その失敗から学ぶことが重要であると教えられます。 ちょっと考えて思いつく、世界…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×