トップ > コンサルタント名鑑・エッセンスブック > 今のオフィスに、3大要素を最適配する── 稼ぐオフィスをつくる3大ポイント

今のオフィスに、3大要素を最適配する── 稼ぐオフィスをつくる3大ポイント

今のオフィスに、3大要素を最適配する── 稼ぐオフィスをつくる3大ポイントオフィスを稼ぐ拠点に変える社長への異発想の提言

著  者:
寺崎卓(てらさき たかし)
ページ数:
72ページ
サ イ ズ :
A5判
販売価格:
2,200円(税込)
出 版 社:
日本コンサルティング推進機構
I S B N :
978-4-908617-72-0

忙しい社長が30分で要点をつかめる、JCPO社長のためのエッセンスブックシリーズ。稼ぐオフィスづくりの戦略コンサルタントが、同じオフィスでも「自然と営業・契約がまとまっていく」極意を解説した貴重な書。“攻めの営業オフィス”を創造して、その「仕組みの枠」で働く社員がやる気になれる環境を整える具体策で、「働き方」ではなく、上手な「働かせ方」改革を提示した、社長必読のエッセンスブック。

第1章  これからのオフィスが備えるべき「3大機能」と戦略

第2章  新規開拓、信頼性アップをつくる戦略

第3章  リピーター、購入率、再契約を増やす戦略

第4章  会社の魅力と社員の働き方を変える

第5章  オフィスの未来戦略

 

 

 

 

 

著者 寺崎卓 について

稼ぐオフィスづくりの戦略コンサルタント。
 製パンや和食の板前、建築用シート印刷…等、様々な職種を経験。28歳の時、店で待つ「守りの営業」ではなく、外に出て行ってお客様にサービスを提供できる「攻めの営業」を経験するために、オフィス家具販売会社に転職。23年間オフィス構築の提案型営業として活躍し、攻めと守りを織り交ぜた「売り込まなくても買ってもらえる」という独自の営業論を確立。
 仕事とは、「人の問題を解決するためにある」と考え、それにはまず、「お客様の喜ぶ仕方でサービスを提供すること」とし、「オフィスに顧客の喜ぶ提案力を仕掛ける」という独自の「寺崎式オフィスメソッド」を開発。その効果は絶大で、関わるクライアントの業績を伸ばし、紹介が続き、在籍期間中、目標数字連続達成する。2017年、より多くの企業に貢献するべく、オフィスに関する相談業「アーシャル研究所」を開設。現在同社代表。

著者のコラム、セミナー情報はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×