トップ > コラム > 第54号:価格競争から脱却した会社と、価格競争に巻き込まれている会社の考え方の違い

第54号:価格競争から脱却した会社と、価格競争に巻き込まれている会社の考え方の違い

  ミッションマーケティング 佐治邦彦 SPECIAL
佐治邦彦 SPECIAL

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト 代表取締役 佐治邦彦

これまで500社以上の支援から編み出した、顧客満足と収益の最大化を、同時に実現していく独自の手法「ミッションマーケティング」の創始者。飲食店、ホテル、住宅関連、サービス業、学習教育企業…など、お客様思考がなかなか利益につながらずに悩む経営者に、収益をもたらし大きな成長を実現させるコンサルタントとして評価が高い。

市場の成熟化が年々加速しています。企業にとっては価格競争からの脱却が絶対条件になってきて、差別化に取り組むもののなかなかうまくいかない、と悩む経営者の方から相談が多く寄せられます。

そこでどういった取り組みをされているのか、お聞きすると、商品の差別化や販売促進の工夫に取り組んでいるが、なかなか成果が出ず困っているというパターンが多くあり、その成果とは多くの経営者さんは「売上」と考えています。

しかし、大切なことは、売上よりも「何のために差別化をするのか」、その目的にあります。確かに売上を上げることは企業にとって、とても大切なことですが、その前にすべきことがあるのです。それは真の顧客満足の追求です。
何のために差別化をするかというのは、他社では得られない『真の顧客の満足』を提供するための仕組みを追求することなのです。真の顧客満足を生み出す肝も理解できずに、いきなり売上を求めるのではなく、お客様の満足度を上げることが大切なのです。

お客様は商品の差別化やお客様の要望に答えることで満足を感じるのではなく、購買のプロセスすべての中で感じていきます。

例えば、
その会社をどのようなきっかけで知ったのか。
その会社は消費者から見てどのような印象だったのか。
その会社から自社の商品やサービスに対する愛着を感じたのか。
その会社はお客様に対してどのように貢献しようとしているのか。

お客様との接点のすべてを通して顧客の心を掴むためには、どんな仕組みや対応が大切なのか、という追求が大切です。
真の顧客満足の追求をしていく活動を継続することで、差別化につながっていくのです。

すなわち、売上げを求める前に、まず顧客満足を安定的に生み出し続ける仕組みを完成することが先です。
価格競争から脱却した会社は、その手順を理解しています。
価格競争から脱却できずに悩まれている方は、自分の経営スタイルの手順を見直してみてください。

お客様思考と収益力を高める経営視点
佐治邦彦

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト代表取締役

佐治邦彦

執筆者のWebサイトはこちら https://www.sunast.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×