第1話:ズバリ!貴社が選ばれない理由

  導線経営 中丸秀昭 SPECIAL

ズバリ! 貴社が選ばれない理由

【集客の仕組み化・営業の仕組み化・人材育成の仕組み化】、3つの仕組み化で最短ルートの成長戦略を指南する“導線経営”コンサルタント中丸秀昭です。

多くの経営者の方から、「売上が上がらない!」「集客ができない!」という声を伺います。当然、いくつかの要因が考えられるわけですが、誤解を恐れず、単刀直入に申し上げると、それはお客様に選ばれる理由がない!からです。

弊社でご支援させて頂いている「最短ルートの成長戦略」3つの仕組み化、「集客の仕組み化・営業の仕組み化・人材育成の仕組み化」、いづれの仕組み化を構築するにしても前提として欠かせないのが、

お客様に選ばれる理由がある!

ということです。

なぜ今更、「お客様に選ばれる理由」を声高に申し上げるかというと・・・多くの中小企業がビジネスを展開している国内市場の構造が今までと180度異なり、「お客様から選ばれる理由」なくして生き残ることができないからです。

下図、日本の人口推移を見てください。

日本の人口の推移

日本の人口は、1945年の第二次大戦後から伸び続け2010年にピークを迎えています。その時の人口は1億2806万人です。

戦後、日本の人口はどれくらいだったかおわかりですか?別の言い方をすると、戦後からピークの1億2806万人まで何%増えたのでしょうか?

戦後の人口が7200万人弱と言われていますから、ピークの1億2806万人まで70%強、およそ1.8倍!増えたことになります。人口が増えれば、消費も増えるので経済が伸びます。

ところが、
国内の死亡者数は・・・2003年に初めて100万人を超え、2011年には125万人を超えました。

また新生児は・・・1984年に150万人を下回り、2011年には105万人という数値です。(国立社会保障・人口問題研究所)

人口が減ると消費も減るので経済が停滞し、様々な市場が縮小していきます。

この2つの数字は少子高齢化が進む中で加速度を増していき、2050年に1億人を下回る!と予想されています。

つまり、今までは

需要>供給

であったのが2010年を境に

需要<供給

に逆転したということです。

同じような商品・サービスが同じような価格帯で売られている昨今、「お客様に選ばれる理由」なくして売上が上がることはないのです。

「お客様に選ばれる理由」を定義すると・・・

競合他社にはない自社の強みであり、お客様が価値を感じること

・・・です。
この定義はそのまま「差別化」の定義にもなります。

では、どのようにして「お客様に選ばれる理由」をつくり上げていけば良いのでしょう?私は2つのアプローチしかないとお伝えしています。

次回のコラムで、「たった2つのアプローチ」についてお伝えします。


月刊誌(無料)登録フォーム

×