トップ > コラム > 営業マンが転職を意識した時、絶対考えるべきこと

営業マンが転職を意識した時、絶対考えるべきこと

  営業部再設計 大森啓司 SPECIAL
大森啓司 SPECIAL

営業部再設計コンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント 代表取締役 大森啓司

コンサルティング営業を軸とした、「売れる営業部づくりの再設計」を指導。現有戦力で販売力の最大化を図り、30%の売上増をめざせる体制づくりに定評がある。圧倒的な営業スタッフ指導実績数でも評価が高い。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

「会社を辞めようと思います」

「どうして、何か不満があるのですか?」

「大森さん、先日お会いした時、辞めたらいいんじゃないの!と言われたじゃないですか?」

「確かに… ただ、その時これだけは絶対に考えて!とお願いした事がありましたよね。それは、どうなのですか?」

「正直あまり考えていません。ただ、今の給与ではモチベーションがあがりません」

転職が容易にできる時代になりました。今の時代、人生をその会社に捧げるなど美談でも何でもありません。

転職時、特に営業マンが絶対に考えなければいけない事があります。

それは、たった1度の人生の中で達成したい「こと」に強い意思を持っている事です。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

この達成したいことを、大森は様々な視点からツッこみ、その反応を見ながら、心の奥底にある想いの温度を共有していきます。

どの程度の想いを温めて決断した転職か?たくさんの営業マンの転職経験からなんとなくそのツボが判ってきました。

待遇や人間関係だけで転職しようとしていないか?
考え・想いの深さや情熱の温度はどのくらいか?

私にも転職経験があります。

同じ外資系の会社でしたが、年収は大幅にダウンしました。しかし、「コンサルタント」という仕事でいつかは独立したい。小さくてもいいので自分の城をつくりこんな人間を信じてくれる人と毎日泣きたい。そんな想いから今日に到り20年が経ちました。

長い人生、良いときもあれば悪いときもあるのは当然。絶望の中であれば、環境を変えてリセットをしたい気持ちは私もサラリーマン時代の経験からよくわかります。

しかし、この考え方だけで転職をしても前に明かりは、見えてきません。

大切なのはリセット後、人生でやり遂げたい事への強い意識を持っているか否かです。人をワクワクさせる夢を語る口調と輝く瞳が絶対に必要です。不退転の意思がないところに道は拓けません。

転職を考えている貴殿は、人生をかけて成し遂げたいことがありますか?

最後まで、読んでくださりありがとうございました。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【売れるをつくる】営業再設計の経営視点
大森啓司

営業部再設計コンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント代表取締役

大森啓司

執筆者のWebサイトはこちら http://www.act-con.jp

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×