トップ > コラム > 戦略があるカウンセラー、ないカウンセラー

戦略があるカウンセラー、ないカウンセラー

  開業カウンセラー 矢場田勲 SPECIAL
矢場田勲 SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン 代表 矢場田勲

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

「頑張ってカウンセリングスキルを学んでいるけど、起業できていない」

「忙しいだけで、なかなか儲けが出ないです」

カウンセラー専門コンサルタントとして、毎日、起業や集客のアドバイスを色々な方にしています。そして、カウンセリングスキルの講師もしています。

ですので、たびたび上記のような悩み相談を受けています。

スキルを学んでいるけど、起業に踏み切れない人。起業して忙しい毎日を過ごしているけど、儲けが出ない人に共通することがあります。  

それは、起業家としての《戦略がない》ことです。 

戦略というのは、簡単に言うと《成果を出すために何をするのか》を決めることです。

部分的な視点ではなく、全体を把握する大きな視点です。そして、ゴールにたどり着くためのシナリオを思い描くことです。

目的達成までの全体像を知って、取り組む順番を決めると言ってもいいでしょう。

一方、戦術という言葉もあります。戦術は、戦略を実現させるための具体的な手段、方法です。

 

冒頭の「頑張っているけど、起業できていない」「忙しいだけで、なかなか儲けが出ないです」という悩みを抱えている場合、戦略はあまり考えず、細かい戦術ばかり考えていることになります。

「木を見て森を見ず」という状態ですね。物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失うことを言います。

例えば細かなことや一部分のこと、目の前の気になることだけを見て、起業家としての目指すものがわかっていないなどということがあります。

カウンセリングスキルばかり勉強してしまい、起業や集客のことを考えていない場合も「木を見て森を見ず」の状態です。

あるいは、FacebookLINE@、YouTube、出版がいいと言われたら、そこだけを取り組もうとするのも「木を見て森を見ず」の状態です。

カウンセラーとして、望む状態を手に入れるために必要なことを全部書き出してみましょう。

戦略があるカウンセラーは、望む状態をイメージしています。そこから逆算して考えているので、スキルを学んだら、すぐにアウトプットすることを決めています。可能な限り早い段階で、記事を投稿していく練習を始めていくのです。 

再び戦略のないカウンセラーについてです。

カウンセリングスキルを学ぶ時は、一生懸命学びます。これ自体は別段悪いことではありません。

納得できるまでスキルを学んだら、次は起業です。先輩起業家を参考にして見よう見まねで起業を果たします。そして、集客を頑張るのですが、なかなか上手くいきません。「忙しいだけで、なかなか儲けが出ないです」という発言になるわけです。 

一方、戦略があるカウンセラーは違います。

カウンセリングスキルを学ぶ時から、「どんなカウンセラーになりたいか」をイメージしています。カウンセラーとしての方針を決めた上で、プロフィールを作っていきます。この段階で、悩んでいる見込み客から、見つけてもらいやすい状態を作っておくのです。

その上で、学んだスキルをどんどんアウトプットして発信していくようにします。

目の前のことに集中することも大事ですが、目指す目的までの全体像を把握しておいて、最適な取り組む順番を決めておくことが最も重要になるのです。

後々、いらぬ苦労や余計な出費をしないためにも、戦略を立てることをやってくださいね。

 

【開業カウンセラー】
矢場田勲

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン代表

矢場田勲

執筆者のWebサイトはこちら https://no1-support.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×