トップ > コラム > 営業MGRが考えるべき、部下の「育成と成長」のバランス

営業MGRが考えるべき、部下の「育成と成長」のバランス

  営業部再設計 大森啓司 SPECIAL
大森啓司 SPECIAL

営業部再設計コンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント 代表取締役 大森啓司

コンサルティング営業を軸とした、「売れる営業部づくりの再設計」を指導。現有戦力で販売力の最大化を図り、30%の売上増をめざせる体制づくりに定評がある。圧倒的な営業スタッフ指導実績数でも評価が高い。

あるセミナー終了後、交流会でのヒトコマです。 

「営業マンが会社の期待する仕事に理解を示してくれず、辞めると言っています。2年間手塩にかけ、一人前の営業マンに育てたのに…」 

今の時代、社員の会社への帰属意識は驚く程、希薄になっています。 

特に、優秀な社員程やめていく傾向が強い事は否めません。 

そんな中、こんな言葉で営業MGRを応援しています。 

その言葉とは

「育成」と「成長」のバランスを考えましょう。 

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

会社が社員に求める育成と社員が望む成長とは合致していないと考えるべきです。   

育成とは、会社都合で生まれてきます。 

将来会社の幹部になってほしい!

経理として不適格なので、営業職で頑張ってほしい!!

部下の育成も仕事として認識してほしい!!! 

これらの育成は、高度な理論(もしくは理屈)から様々な手法が生まれてきます。 

そして、これらがうまくいかないと、再び新たな管理手法を考え、営業マンを拘束しがちです。 

これが、単なる手法に陥ってしまいますと部下には何も伝わりません。 

元来、人材育成に、正解といえる手法はないのです。

究極はケースバイケースです。 

結果、人材育成は会社都合による対症療法の手法となってしまいます。 

そこで、「メンタリング」という手法をお勧めてしています。 

詳細は、大森の書籍1冊目6章をお読み頂きたいですが、一言で申しますと、第三者から客観的な助言をもらいながら育成と成長のかじ取りを円滑に進める考え方です。 

営業マンがめざす成長目標に対して会社として何が応援できるのか?

一緒になって考える。 

育成を企業内の課題としてとらえるのではなく、まず、「人」と「人」との関係において、彼らの成長とは何か?捉えるべきなのです。 

営業マン個人がめざす「成長軸」

会社が営業マンに期待する「育成軸」 

貴殿は、このかじ取りをうまくできていますか? 

今回も最後まで、読んでくださりありがとうございました。

 

【売れるをつくる】営業再設計の経営視点
大森啓司

営業部再設計コンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント代表取締役

大森啓司

執筆者のWebサイトはこちら http://www.act-con.jp

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×