トップ > コラム > 日経元旦の記事から予測する今年のキーワード

日経元旦の記事から予測する今年のキーワード

2020年1月8日 DX事業立ち上げ 大森啓司 SPECIAL
SPECIAL

DX事業立ち上げコンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント 代表取締役 大森啓司

顧客とDX事業を一緒に構築するコンサルティング営業をめざす営業部の構築を支援します。

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

新年、あけましておめでとうございます。 

今回で第29になります。

よく続いたという気持ちもありますが、一方で、気の緩でてきます 

しかし新年を迎えますと、今一度初心に戻り、気の引き締まる思いをさせてくれます。 

今年、健康管理を軸に、集中力洞察力で、「コンサルティング営業」と「チーム営業」で、営業マンそして企業に新しい風を吹き込むべくご支援させていただきます。

このコラム、月に2回ではありますが、お時間のある時に、ぜひご一読ください 

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

さて、今朝も日経新聞の1面を過去5年の一面記事と比較しながら、熟読をしてみました。 

過去5年間の記事は

2015年 「リアルの逆襲/持続より破壊」

2016年 「目覚める40億人の力」

     世界72億人の内40億が世界経済を牽引

2017年 「延長」から「断続」の時代

2018年 「断続」から「個を放つ

2019年  つながる100億の脳

 

そして今年は、さびつく成長の公式です。 

具体的には 

冨の源泉はモノの大量生産から知識や情報にシフト

製造業の雇用はピークアウト

先進国では格差が開く一方、世界全体では貧困層が減少 

逆境の資本主義が始まります。 

資本主義を集め、雇用をし、経済が拡大すれば社会全体が豊かになる。 

昨年は人とAIが融合してここ20年で爆発的に進歩した通信を通じて、100憶の脳が繋がりました 

今年は、この脳が繋がりデジタル化の波がやってきます。 

ビジネスマンとして創造的な仕事で新しい価値を生む仕組みづくり取組む求められています。 

私も今年はDXで新たな挑戦に臨みます。

皆さんはどんな事に挑戦しますか? 

年初の忙しいときに最後までお読みくださりありがとうございました。 

本年も、このコラムをどうぞ、よろしくお願いします。

#コンサルティング営業#チーム営業

 

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

【売れるをつくる】営業再設計の経営視点

DX事業立ち上げコンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント 代表取締役

大森啓司

執筆者のWebサイトはこちら  http://www.act-con.jp

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。