本物のコンサルティングをより身近に。

コロナが教えてくれた営業としての〇〇力

SPECIAL

DX事業立ち上げコンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント

代表取締役 

顧客とDX事業を一緒に構築するコンサルティング営業をめざす営業部の構築を支援します。

ややこしいですね~ 

緊急事態宣言延長が濃厚になったオンライン会議で営業マン嘆きの一言です。

何がややこしかというと「この時期だからこそ、新たな営業手法を!」と提言すれど問題提起やマイナス面だけ指摘する営業マンがいる 

という悩み。 

そんな時、助言した事は 

「気にしないて動いてみよう だめなられば」 

どんな組織でも、前向きな提言をすると、必ず「反対!」と声を大に発するがいます。 

コロナの影響で、生活・仕事環境が激変していますので当然かもしれません。 

最近が体感した例で言いますと

「テレワークでVPNでないダメ。会社の機密情報が漏洩したらどうするの!」

「自宅で仕事しているか否かはわからない。解除されたら、出勤を基本にします!」 

反対をするのは、決して間違いではありません。

ただ、何の根拠ない予測勢いだけで否定されることです 

営業マンは、種々の環境の中で判断や決断を求められ、その実行には必ずリスク伴います。 

しかし、その恐怖に負けて萎縮したり、判断行動を遅らせては絶対にいけません。

営業活動は社会や市場の動向を見てどう手を打つかの連続です。 

再度申し上げますが、「気にしないて動いてみよう だめなられば」 

ほぼ無意識に僅かなリスクでさえも極端に避ける。

案もなくただ反対する。 

営業活動は、どこまでいっても「どう手を打つ」の連続。

ここで逃げたら活動放棄です。 

「リスクなし」とか「100%安全」であれば時すでに遅し。

既に他社に先んじられているのは自明の理です。 

ここは、まず動いてみる。

そしてリスクを感じたら戻る。 

貴殿は緊急事態宣言の間、どんなを試してみましたか? 

今回最後まで読んでくださり、ありがとうございました

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。