会社を潰す社長が陥る罠 | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

会社を潰す社長が陥る罠

SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社

代表取締役 

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

「顧問税理士の先生のいう事なら、間違いないだろう…」と深く考えることなく、顧問税理士の話を鵜呑みにして、節税対策を行ったり、投資商品を購入したりしていた社長さんがいました。

その結果、だんだん手元資金が枯渇するようになっていき、次第に、資金繰りを圧迫するように…。

「税理士の言いなりになっていては、会社が潰れてしまう!」と一念発起して、「本当の意味での専門家に相談しないと…」と考え、当社のセミナーに辿り着いたのだそうです。

当社のセミナーにご関心をお寄せいただく社長さん方は、とても向上心が高く、社員や家族のために、「どうしたら、儲かって潰れない会社になるのか?」「どうしたら、利益を出してお金が残る会社になるのか?」を日々真剣に考えている方々ばかりです。

真剣に経営に向き合あい、経営の質を高めるためにはどうすればいいのかということ本気で考えている社長は、「財務」の重要性に気付きますし、だからこそ、自らが意図して財務の実務を自由自在に使いこなせるように、努力をします。

その結果、攻めの投資をしたい時は、銀行の目を気にすることなく、自由に決断できます。

先行きが見えない時でも、倒産の不安を抱えることなく、安心して会社を守れます。

昨今の厳しい経営環境下であっても、冷静に経営の舵取りをすることができます。

ところが、経営が上手くいかなくなってしまう社長の多くの社長は、ちゃんと「自分のアタマ」で考えることなく、会社の命運を左右するような最重要課題を、「お門違いな相手」に相談してしまうのです。

よく、社長さん方から「顧問税理士は、いつも税金のことしか教えてくれない…」「会社のことを相談してもそんなこと無理とか、やめた方が良いとかしか言われない…」「税理士が会社のお金の相談にのってくれない…」などの不満を耳にすることがあります。

確かに、お伺いする限りでは、顧問税理士側に非があるものもありますが、多くの場合はどちらが悪いとかウンヌンという以前の問題で、いってみれば「ボタンの掛け違い」なのです。

具体的には、多くの社長は、税理士の専門分野について「大きな勘違い」をしているのです。

あくまでも税理士は、「税金の専門家」です。

過去のお金の流れに沿って、会計処理をして、税金計算をするのが仕事です。目線は、あくまでも「過去」にあります。全ての判断の基軸は、「税務署からみたらどうか?」という視点です。

あくまでも、「お金」の視点ではなく、「税金」の視点なのです。

それに対して、同族会社の社長にとっての財務は、社長と会社の未来に向かって、財産管理の実務、つまり、社長と会社に「お金が残る仕組みづくり」をするものです。

財産やお金は、あくまでも残して増やすものです。

この財産やお金を残して増やすのは、他でもない「社長の仕事」です。

財務は、事業永続のための最重要実務です。これは、税理士や経理担当者の仕事ではありません。あくまでも「社長のための実務」なのです。

その事実に気付き、一歩踏み出した社長だけが、今の厳しい経営環境下を生き抜くことができるのです。

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。

あなたは、社長として、どんな未来をつくりたいですか?

ダイヤモンド財務®コンサルタント 舘野 愛

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。