DX時代、経営者がやっていけない部下への〇〇〇 | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

DX時代、経営者がやっていけない部下への〇〇〇

SPECIAL

DX事業立ち上げコンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント

代表取締役 

顧客とDX事業を一緒に構築するコンサルティング営業をめざす営業部の構築を支援します。

新年度がスタート、某社の実務担当者の一言

「当社も本年度、DX最初の一歩、RPAを導入して社内の効率化を図ってきます」

「頑張ってください。ところで、どんな効果が期待できるのですか?」

「各店からのEXCELファイル、コピペを自動化します。これで、延べ1日の作業から解放!」

「すばらしい! 社長の心意気は?」

「「私に任す」と言われています」

「…」

「情報化」という言葉が、経営に活用されるようになって40年が経過しました。

その間、ネット販売・IT基本法・SNS、そして最近ではDX。
言葉が変われど、時代の変化と共に「情報化」への感度や精度は益々高度化・複雑化しています。

そのため、経営者の中には、「私はよく分からない」と言って実務担当者に「丸投げ」されているケースを散見します。

「情報化」に無関心としか、言えません。

新しいものは、どんなものなのか?少し体感をしてみる。
もしくは使ってみた部下の感想を聞き、自社の経営に活かすか否かを考える習慣が大切です。

10年以上前、中小企業向けのECセミナーで講師を務めていた時の事です。

ゲスト講師は、1人ネット販売だけで花屋を営む女性。
当時、まだネットで物を売るのが珍しい時代でしたが、いくつかの仕組みや仕掛けで商売は繁盛していました。

でも、彼女は「パソコン大嫌い!」をセミナー中に連発。
理由は、ご主人がいつもパソコンに向かって仕事をしているので、彼女はやきもちを焼いて「パソコよりも私を見ろ!」と熱弁された事を今でも覚えています。

パソコンは嫌いだけど、ネット販売には長けた感性。
彼女がもし、江戸時代に生まれたとしても、時代の流れを見て、ビジネスを考えるセンスは抜群と感じました。

「一緒になって手を動かそう」とか「新しい言語を勉強して」と言っているのではありません。

経営者には情報化(DX)の感性を磨いてほしいのです。

DXという言葉から革新とかビジネスモデルや新しいツールが次々と生まれています。

ハードではIoT機器やVR、XR
ソフトではClub house、パラレル

最近は、検索技術も進化しており動画などでどんな新しさがあるのか?
すぐに理解する事ができます。

貴方は、時代の流れを把握するアンテナを高く張っていますか?

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。