トップ > 自社

自社

SPECIAL
印象マネジメント「プライムイメージ」コンサルタント

不正を起こしやすい経営者は○○○が強い!?

昨今のAI(人工知能)の進化は目を見張るものがあります。そうしたなかで、企業の不正会計を見抜くAIの開発が本格化しているといいます。会計士の経験的な疑いのカンをAIに学ばせて、不正の兆候を見つけるということですが、“不正を起こしやす…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

PDCAで経営がうまくいくという幻想

PDCAを廻すことが大事だと巷ではよく言われています。使い古された用語ですが、近年ではビジネス本のネタになったりしていることもあり、よく目にしたり耳にしたりします。 計画を立てて、実行して、結果を評価・検証し、改善する……

詳細はこちら

SPECIAL
商品リニューアルコンサルタント

「御社の商品は世の中に必要とされていません」という武器

朝に夕に、少しずつ「秋」を感じるようになってきました。今夏、コンサルティング後の一杯は筆舌に尽くしがたいもので、先日もある社長とひと息ついたところでお盆の話題に。帰省される社長が「コザキ先生、実はリニューアルした〇〇のヒットを祈念し…

詳細はこちら

SPECIAL
ギフト通販コンサルタント

バイヤー目線から見える展示会で取引拡大、売上増を得るための秘訣

ギフトの世界では、国内最大の展示会「秋のギフト・ショー」が、今年は9月4日~7日に東京ビッグサイトで開催されます。  今なお伸び続けているパーソナルギフトをメインテーマに、多くの生活雑貨が出品されますが、ギフト商品として優れた商品も…

詳細はこちら

SPECIAL
個店力最大化コンサルタント

チェーン経営のタダ思考?まだ人件費を垂れ流し続けますか?

「伊藤先生 人時が下がらないのです」 先日お見えになったとあるチェーン経営者からのご相談です。 自社で、レイバースケジュールを作っているとのことですが、店舗からこれでは人時が足りないと、意見が出て、人時が増えてしまったというのです。…

詳細はこちら

SPECIAL
下請工事業脱却コンサルタント

新しいことを軌道にのせるには

さて今回は、「新しいことを軌道にのせるには」です。 先回書いたように、毎年私のお盆休みは、次年度の経営計画を作ることに時間をとっています。今期計画がどれだけ出来ているか、そして来期をどうするかを、普段の仕事から離れ考えてます。日々日…

詳細はこちら

2018年09月14日(金)開催 社長と会社にお金が残る仕組みのつくり方「ダイヤモンド財務」の実践法

「事業は順調なはずなのに、なぜかお金が残らない…」 「銀行に頼ってばかりで、借金がなかなか減っていかない…」 「将来に向かっての経営判断に確信が持てず、いつも不安…」 と悩む社長がいる一方で、売上を増やすことなく、また、借金も増やす…

詳細はこちら

SPECIAL
知見発掘の経営コンサルタント

大企業はなぜ大企業なのか

コンサルタントをしていると、ごく稀に大企業からの問い合わせや質問を受けることがあります。ただ提供しているサービスを説明すると、なるほどと聞いていただけることはあっても、それ以上話が進むことはありません。別に私が営業の対象を中小企業の…

詳細はこちら

SPECIAL
社内独立店開コンサルタント

業態開発の基本のキ

顧客ニーズをベースに商品、あるいは業態を開発することは、店舗ビジネスにおいて非常に重要なことはすでに何回も述べています。  ただし、顧客ニーズをそのままの状態で使っても間違いなく成功しないでしょう。顧客はその時に欲しいモノやコトを想…

詳細はこちら

SPECIAL
年商10億事業構築コンサルタント

5年後、10年後の我社はどんな評判を得たいのか!その逆算で、宣伝広告をガンガン行う。

「矢田先生、100年企業を作りたいのですが。」 事務所にご相談に来られた2代目社長です。 『それはいいですね。』 「そこで先生、教えていただきたいのですが。」 『はい、どうぞ』 「100年企業って、何ですか?(笑)よく100年企業っ…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×