トップ > 自社

自社

2020年06月09日(火)開催 【特別共催WEBセミナー】社長が手を打つべき売れる営業の新体制づくり ~異色の実力コンサルタント3名が集結!~

【緊急開催】社長が今すぐ着手すべき、営業の新しい体制づくり、抜本改革の具体戦略! コロナで世の中が一変した! 自粛解除が少しずつ進むも、「以前と同じ状態には絶対に戻らない」、「新しい生活様式」が必要…と、既に各専門家が提言を始める中…

詳細はこちら

SPECIAL
商品リニューアルコンサルタント

たて糸の戦略

経営とはリニューアルそのものです。自社の商品サービスを、事業を、自社そのものを創りかえてゆくことです。自動車メーカーのトヨタは、そもそも豊田自動機織から分かれてできた会社です。株式会社豊田自動機織の公式サイトにはヒストリーが詳されて…

詳細はこちら

SPECIAL
業績を伸ばす、アクティブメンタル体制コンサルタント

伸びる会社が非常時で必ず行う 3つの重要施策

アクティブメンタル組織づくり

今、巷でよく言われているのが、コロナ渦で「人の本質」があぶり出されるということです。つまり、新型コロナウィルス感染予防による様々な困難や混乱、制限の中で、これまで見えなかった、あるいは見る必要がなかった「他者の本質」が見えてしまうと…

詳細はこちら

SPECIAL
個店力最大化コンサルタント

「売上が増えた時の社長の行動がその後を決定づける。飛躍するか!また厳しい状態に戻るのか? 」

「ウチは店の規模が大小いろいろなのですが、それでも標準化って出来るでしょうか?」 とあるスーパーマーケットチェーンの社長さんからのご相談です。 左手にされてる拙著「儲かる個店力最大化のすすめ方」には、色とりどりの付箋が一杯つけられて…

詳細はこちら

SPECIAL
年商10億事業構築コンサルタント

どうやったら年商10億いくのか、ではなく、どうして10億いかないのか。を考えるとよい理由

気づくと独立して20年目に入っていました。 コンサルタントという一つの職業を、「なかなかの期間頑張ってきたな」という思いと、「これだけの期間をかけてやっとここまでか」という思いがあります。 私は、専門を「年商10億円」と謳っています…

詳細はこちら

2020年07月10日(金)開催 社長と会社にお金が残る仕組みのつくり方「ダイヤモンド財務」の実践法

  「事業は順調なはずなのに、なぜかお金が残らない…」 「銀行に頼ってばかりで、借金がなかなか減っていかない…」 「将来に向かっての経営判断に確信が持てず、いつも不安…」 と悩む社長がいる一方で、売上を増やすことなく、…

詳細はこちら

SPECIAL
ギフト通販コンサルタント

シニアのECシフトも始まった!コロナでお中元も父の日も自家消費まで広がる。ネット通販に大きな勝機あり。

コロナでの緊急事態宣言が発令されて以来、実店舗での一般消費では、日常品を販売するスーパーマーケットやホームセンターは盛況。逆に非日常性の高い百貨店は、休業や時短営業となり苦境に立たされ、百貨店テナント出店依存度が高かった、有名アパレ…

詳細はこちら

SPECIAL
ダイヤモンド財務コンサルタント

潰れない会社にするための絶対条件

当社が直接かかわる社長さん方に対しては、今回の急激な経営環境の変化を生き抜くための打ち手を個別にお伝えし、特に、「マイナスの影響」を最小化した上で、「プラスの影響」を最大化することを最優先に、注力してまいりました。  当コラムにおい…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルタント

アフターコロナは「想像力」と「創造力」を合わせた「総合力」の世界―空白をいかに埋めるかは組織力にかかっている―

世の中は技術(テクノロジー)の進歩によって発展してきました。 特に経済的な側面において、技術(テクノロジー)の力は大きかったといえます。 日本はかつて技術立国として、世界の称賛を浴び、製造業等を通じて世界のリアル市場を席巻してきたの…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

時代の変化をものともしない企業の2つの特徴

「コロナの対応って国によって実に違いますねえ。日本はどうも……」―― 先日クライアント先の社長と談笑しているときに出たコメントです。 世界各国において感染者を抑えるためにさまざまな対策がなされているわけですが、どの政策が正しかったか…

詳細はこちら