トップ > 顧客

顧客

SPECIAL
個店力最大化コンサルタント

「人時生産性と顧客満足度の両輪で勝ち抜くために」

「伊藤先生、人時割LSPで、現場の動きがここまで、はっきり見えるとは想像もしなかったです。道半ばですが、たくさんのチャンスが見えてきました」 と目下、プロジェクトで様々な取り組みをしておられる、チェーンの社長からの報告です。 ―――…

詳細はこちら

SPECIAL
社内独立店開コンサルタント

求人募集の第一歩

近年、店舗ビジネスにおいては人手不足が常態化しており、企業側も誰でもいいとは言わないまでも、ある程度門戸を広げて求人をかけなければ、経営が立ち行かない状況となっています。  人が集まらなければ、思い切って多店化を取りやめる決断もしな…

詳細はこちら

SPECIAL
ロードサイド店の繁盛経営コンサルタント

そのやり取りで顧客とのコミュニケーションが成立しているのか

■異国人とのやり取りの難しさ 先日、某地方都市での出張を終え、現地から空港への連絡バスに乗り、空港で降りようとした際の出来事です。そのバスは、降車時に運賃を払う仕組みになっており、空港で降りようとする乗客が車内で列を成していました。…

詳細はこちら

SPECIAL
通信販売コンサルタント

通販ビジネスの「1・5・4の法則」

商品原価率をいかに低くして、粗利益の最大化を図るか―。これはメーカーだけでなく、どんな業界においても重要なテーマである。これに関連して、通販ビジネスには「3・3・4の法則」というものがある。商品原価3 割、販促経費3 割、その他の経…

詳細はこちら

SPECIAL
年商10億事業構築コンサルタント

社長と仕組みだけで、事業は回るか?YES。 では、会社は成り立つか。NO!成り立つ訳がない!その理由とは?

私の前に座るS社長の顔は、疲れています。 スタッフ全員から退職願が提出されたのがちょうど2か月前。 それを機に、責任者のパワハラの実態を知ることとなりました。社長は、各者との面談により鎮静化をすることができました。 そして、昨日、再…

詳細はこちら

SPECIAL
10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

なぜ、請求書は嫌われるか?

「請求書を頂きましたが、明細に『別紙』と書いてありますが、その明細がついていません。ええ、明細をいただいてから、確認して、お支払いいたします。 …ふ~ん、請求書に間違いがあると、本当に頭に来るね。あ~、請求書なんてなければいいのに……

詳細はこちら

SPECIAL
商品リニューアルコンサルタント

曇りを晴らすネーミング

わたくしたち中小企業にとって一番大事なことは「自社の存在価値を信じ続け、世に打ち出すこと」です。経営資源の豊かな大手企業は商品戦略がマンネリ化していたとしても、商品サービスがお客様に届くまで頑強な仕組みがあるがゆえに一度ラインに乗せ…

詳細はこちら

SPECIAL
ミッションマーケティングコンサルタント

第123号:売上優先の経営が属人化を生み出しサービスに「ムリ」「ムダ」「ムラ」をつくる

売上優先の会社は、自社の商品を売り込むことに囚われ、お客様の真のニーズに鈍感になっています。ですから、顧客満足とは、お客様の要望することすべてに応えることだと勘違いしてしまうのです。このような会社は、自社のサービスの基準も無く、スタ…

詳細はこちら

SPECIAL
社内独立店開コンサルタント

価値の源泉を知る

飲食、サービス、小売業を問わず、店舗における効果的な販促として「限定施策」があります。「限定施策」とは、そのままズバリ書いて字のごとく、限定にすることで希少性を高める方策です。  例えば、数量限定、店舗限定、期間限定、顧客限定などで…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

自社のセールス力を底上げする方法

御社が選ばれるための2つの武器、その一つは自社の商品・サービスに他社にはない独自性を持たせることだと前回お伝えしました。 その独自の商品・サービスを持つことで、単に〇〇業の会社とか、〇〇屋さんというように業種・業態カテゴリーで認識さ…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×