トップ > コラム > 第27号:目標達成し続けるために最も重要なのは設定の仕方にある

第27号:目標達成し続けるために最も重要なのは設定の仕方にある

  ミッションマーケティング 佐治邦彦 SPECIAL
佐治邦彦 SPECIAL

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト 代表取締役 佐治邦彦

これまで500社以上の支援から編み出した、顧客満足と収益の最大化を、同時に実現していく独自の手法「ミッションマーケティング」の創始者。飲食店、ホテル、住宅関連、サービス業、学習教育企業…など、お客様思考がなかなか利益につながらずに悩む経営者に、収益をもたらし大きな成長を実現させるコンサルタントとして評価が高い。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%8e%a8%e9%80%b2%e6%a9%9f%e6%a7%8b

企業経営において目標達成し続けることはとても重要なことですが、とても難しいことでもあります。

多くの企業の目標設定は、年間の売上げもしくは利益額で、それを毎月の目標として細分化していることが多いです。しかしそれだけでは、目標設定としては問題が起きやすいです。

なぜならば、毎月の目標を達成するために、スタッフたちが、あの手この手で売上を上げる動きをすることが多いのですが、そのために様々な来店動機のお客様を集客し、知らず知らずのうちに客層を広げてしまうからです。客層が広がれば商品やサービスが増えていくことになり、店のオペレーションが複雑化してしまいます。店舗オペレーションが複雑化すれば、いき届いた接客もできず、顧客満足度も下がり、翌月、翌々月の目標を達成することが困難になっていくのです。

ポイントは、顧客満足を追求しながらも目標達成してくために重要な目標は何なのか、ということをしっかり考えることです。これを私たちは最重要目標といいます。

例えば、飲食店さんであればリピート率を最重要目標に設定したり、主力商品の1日の販売個数を目標設定にしたりするのです。リピート率を追求するということは、当然、顧客満足度を上げなければいけなくなりますし、リピート率が上がっていけば、右肩上がりに業績も上がっていくのだということを明確に数字で示すことにもなります。

また専門店さんの場合は、主力商品の販売個数を最重要目標に設定をすることが効果的です。

自社において最も自信のある商品をいくつ売るのかを目標設定することで商品を磨き込みやすくなりますし、最もたくさんの人に提供する主力商品の魅力が増していけばさらに発展していく確率が上がっていきます。

このように目標設定の段階でしっかりと顧客満足とつながる最重要目標を設定しておきましょう。

 

お客様思考と収益力を高める経営視点
佐治邦彦

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト代表取締役

佐治邦彦

執筆者のWebサイトはこちら https://www.sunast.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×