経営が苦しくなる会社の社長がしている「勘違い」とは?

  ダイヤモンド財務 舘野愛 SPECIAL
舘野愛 SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルティング

ユメリアコンサルティング株式会社 代表取締役 舘野愛

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


当社では、経営に前向きなオーナー社長や二代目・三代目などの後継社長さん方に向けて、永続的な成長発展を支える基軸となる強い財務体質の会社づくりのご支援をしていますが、その一方で、経営に前向きであればあるほど陥りやすい「ある勘違い」があるということを常々感じています。

では、その「ある勘違い」とは、どのようなものでしょうか?

簡潔にいうと、「売上を創る能力」と「お金を残す能力」は、同じものであるという風に考えてしまうのです。しかし、実際のところは、「売上を創る能力」と「お金を残す能力」は、全く別の能力なのです。

多くの経営者や一般的な職業会計人は、「売上が増えれば増えるほどお金も増えて、経営が安定してくるだろうから、きっと潰れない会社になるはずだ」と考えてしまうのです。しかし、実際のところはそうではありません。「売上を増やすこと」と、「潰れない会社になる」ということは、全くもって別次元の話なのです。

むしろ、売上が増えていたとしても、「お金が残らない!」「利益が出ない!」という風に感じられているのであれば、それは「成長」ではなく、「膨張」であるということに社長自身が気付かなければならないのです。

言葉の通り、「成長」と「膨張」は、全く別のものです。

本当の意味で成長している会社は、「儲かって潰れない」「利益を出してお金が残る」強い財務体質の会社に磨き上げられていきます。社長自らが財務中心の会社づくりを行っているため、自社の目指すべき理想の未来に向かうための明確な財務戦略を持ち合わせています。

さらに、財務のことを心配することなく、必要な時に必要なだけ事業投資ができて、事業を自由自在に操れる状態を手に入れているのです。

その一方で、膨張していく会社は、社長自らが無意識のうちに「売上至上主義」の会社づくりをする傾向にあります。毎日忙しく働いていても「利益が出ない」「お金が残らない」状態から抜け出せず、常に資金繰りに追われ、財務状態も日々悪化していきます。明確な財務戦略がないことから、場当たり的な資金調達や間違った節税対策・過剰投資や無理な売上拡大を繰り返してしまうのです。

そのため、常に、「毎日忙しいのになぜかお金が残らない・・・」「事業は順調なはずなのに、いつも資金繰りが不安・・・」という状態に陥ってしまうのです。

5年後、10年後も強く永く続く強い会社づくりを望むのであれば、社長が真に目指さなければならないことは、「膨張」ではなく永続的な「成長」発展をすることです。そして、永続的な成長発展を支えるための社長の実務が「財務」なのです。

ダイヤモンド財務®コンサルタント
   舘野 愛


当コンサルタント開催セミナーがあります。

【財務岩盤化】次世代経営者のためのダイヤモンド財務の築き方
舘野愛

ダイヤモンド財務コンサルティング

ユメリアコンサルティング株式会社代表取締役

舘野愛

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yumerea.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×