トップ > コラム > 改善で社内のモチベーションと変化スピードを上げる KZ法(11)

改善で社内のモチベーションと変化スピードを上げる KZ法(11)

  現場改善 柿内幸夫 SPECIAL
柿内幸夫 SPECIAL

現場改善コンサルタント

柿内幸夫技術士事務所 所長 柿内幸夫

メーカー企業の現場改善指導と、「儲かる新たなモノづくり」体制を指導する辣腕コンサルタント。全社員が一丸となって改善する「KZ法」を体系化。ライバル企業に対して圧倒的な差を生み出していく体質改善指導に、全国から指導依頼が集まる。

これまでざっとではありますが、KZ法の進め方やその経営上での効果についてご説明してきました。在庫が減るとか場所が空くといった目に見える改善が全体最適で行われるということですが、目に見えない改善も行われるのです。

それはモチベーションの向上です。

上の図は、KZ法をみんなでやっている時に交わされた会話を私が聞き取ってまとめたものです。KZ法をやる時はむっつりした顔で黙々とやる…ではなく、大きな声でワイワイとおしゃべりしながらやりましょうね!といっていますからいろいろな声が聞こえてくるのです。

ご覧になって分かると思うのですが、皆さんいろいろな形で驚かれるのです。そしてその驚きはそこにいるみんなと一緒に次の行動に結び付くような驚きです。

文字になった言葉だけでは分かりにくいとは思いますが、流れに沿って読んでみてください。楽しそうでしょう。KZ法は本当に楽しいのです。その結果みんなのモチベーションが上がって次のステップの全体最適の改善へとつながるというのもお分かりいただけると思います。

 

【メーカー社長必読】日本のモノづくりの新視点
柿内幸夫

現場改善コンサルタント

柿内幸夫技術士事務所所長

柿内幸夫

執筆者のWebサイトはこちら http://www.kakiuchikaizen.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×