トップ > コラム > 中国の改善スピードには見習うべき点が多かった。

中国の改善スピードには見習うべき点が多かった。

  現場改善 柿内幸夫 SPECIAL
柿内幸夫 SPECIAL

現場改善コンサルタント

柿内幸夫技術士事務所 所長 柿内幸夫

メーカー企業の現場改善指導と、「儲かる新たなモノづくり」体制を指導する辣腕コンサルタント。全社員が一丸となって改善する「KZ法」を体系化。ライバル企業に対して圧倒的な差を生み出していく体質改善指導に、全国から指導依頼が集まる。

先回、上海に一年ぶりに行ってその変化の速さとレベルに驚かされたとお話ししました。

実はその一週間後、再び中国からの驚きの出来事がありました。

5年前に私が日本経営合理化協会出版局から出した『儲かるメーカー改善の急所101項』という本があるのですが、それの中国版が完成して送られてきたのです。もちろん先方の東方出版社とは契約をしていたのですから驚く必要はないのですが、ずいぶん前のことであったので忘れてしまっていました。私が勝手に驚いたということです^ ^;

私の本が中国で出版されている。中国はライバルである日本の知識をどん欲に吸収し、それを独自に進化させている。その姿勢は見習いたいものです。

いや、見習わなければ完全に追い越され、そして置いて行かれるでしょう。

私も気合を入れ直します。一緒に日本の改善パワーを世界に見せつけましょう!

あ、せっかくなので少々宣伝を(笑)
この本は作業改善から経営改善までを順番に101項目にわたって短い言葉で解説したもので、製造業に従事するすべての方が自分の仕事レベルを上げることと、改善を通じて会社を良くして自分の人生を豊かにするための全体最適の情報共有を図ることを目的にして書きました。いつでも使えるように作業服のポケットに入るサイズにして、丈夫な表紙と紙でできている実用書です。

 

【メーカー社長必読】日本のモノづくりの新視点
柿内幸夫

現場改善コンサルタント

柿内幸夫技術士事務所所長

柿内幸夫

執筆者のWebサイトはこちら http://www.kakiuchikaizen.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×