カイゼンは意識づけから

  メーカーの儲かる仕組みづくり 若井吉樹 SPECIAL
若井吉樹 SPECIAL

メーカーの儲かる仕組みづくりコンサルティング

株式会社 しくみカイゼン研究所 代表取締役 若井吉樹

メーカー企業の「儲かる仕組みづくり」の専門コンサルタント。日本の中小企業がやるべき、その会社ならではの「儲かるしくみづくり」について、プロの着眼点で指導。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


 

カイゼンを始めて数字に表れる成果が出るには半年はかかると思っていたのですが、カイゼンを始めて1、2か月で

生産性が10%アップした

在庫が20%減った

そんなケースが珍しくありません。

本来、目に見える成果が表れるためにはものづくりのしくみをカイゼンで変えることが必要です。

カイゼンを始めて1、2か月ではまだしくみを変えるには至っていません。

しかし、しくみを変える前に成果が出てくるのです。

なぜなのか?

それは改善をしようという意識です。

生産性を上げよう、在庫を減らそう。

自ら必要性を感じ、意識が変わることで日々の行動が変わります。

日々の行動が変われば、しくみを変えなくても成果が表れてきます。

大きな成果を出すためには意識を変えるだけでは無理、しくみを変えることが必要です。

しかし、意識が変わらずにしくみだけを変えようとしても長続きしません。

体重が増えたので減量しようと、急にダイエットや運動を始めても長続きしません。

しかし、健康診断で体重だけでなく腹囲や血液検査の結果をもとに、医師から成人病のリスクが高いので体重を減らすように言われると意識が変わります。

このままではヤバイ。

意識が変われば、日々の行動が変わります。

食べ過ぎないようにしよう、できるだけ運動をしよう。

そのうえで、専門的なダイエットや運動のカイゼンメニューを実行することで、体質改善が実現し、着実に体重は減っていきます。

多くのカイゼンは社長の一声で始まりますが、ただカイゼンさせるだけではなく、なぜカイゼンしなければならないか、と意識を変えることが大事です。

あなたの会社は、カイゼンの意識づけはできていますか?

 


当コンサルタント開催セミナーがあります。

【メーカー企業】儲かるしくみづくりの視点
若井吉樹

メーカーの儲かる仕組みづくりコンサルティング

株式会社 しくみカイゼン研究所代表取締役

若井吉樹

執筆者のWebサイトはこちら http://www.shikumi-kaizen.com/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×