トップ > コラム > 家族経営・個人経営で儲ける

家族経営・個人経営で儲ける

  出前・宅配 牧泰嗣 SPECIAL
牧泰嗣 SPECIAL

出前・宅配コンサルタント

有限会社マクウェル 代表 牧泰嗣

指導歴12年。これまでに118店舗で実績を上げてきた辣腕コンサルタント。各会社、店舗の状況にあわせ、確実に収益の上がるオリジナルの出前・宅配ビジネスづくりを指導。

人材不足、人件費の高騰、なにより募集をかけても問い合わせすらないと嘆いている飲食店・小売店がたくさんあります。

ところが、そんなことはどこ吹く風。人材不足などとは一切無関係でしっかりと儲けているお店があります。

こんな話をすると「信じられない」「そんな店があるなら、是非教えて欲しい」といわれます。

それがどんな店かといえば、家族経営の店なのです。

とはいっても、家族経営などの小規模な店は大手チェーン店などに押されてしまって、売上低下に悩んでいたり、閉めてしまう店も多い中でしっかりと儲け続けていくのは簡単なことではありません。

十年一日のように昔と変わらぬ経営をしていたら、商売は先細りになってしまいます。
儲からなければ、店を継ごうとも思わないため、後継者がいなくなって店を閉めてしまうことも少なくはありません。
実際に、個人経営の店はどんどん少なくなっているのが現実です。

厳しい環境の中でも、儲かっている家族経営の店はありますし、そこには共通点があります。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

儲かっている店は、店の魅力に基づいた商品・サービスを見直して作り上げ、お客様にアピールしているのです。
その方法の1つに、出前・宅配があります。

出前・宅配で売上・利益を伸ばそうと弊社にコンサルティングを依頼される中には、家族経営の店もあります。

「小さな店なのに、コンサルティングなんておこがましい」
「一人では、どうしたらよいかわからないので悩んだ末にお願いをすることにしました」など
コンサルティングを依頼するまでには、迷われた方もいらっしゃいます。

ところが、出前・宅配を新しい収益の柱として導入した店は100%売上も利益も伸ばしています。

出前・宅配の良いところは、人や厨房機器、そして扱う商品も、今までの資産を有効に活用できるからなのです。

大きな設備投資をしなくても、自店の魅力を伝えられる商品ができれば、出前・宅配という新しい市場で、新しいお客様を増やすことができます。

さらに、出前・宅配は、経営者自身が商圏を設定できますから、自店の人員で宅配できる範囲内で始められます。

小商圏であれば、現有の人員だけで配達できますし、注文が多い土日にデリバリーのバイトが1名いれば充分です。

デリバリーのバイトも親戚であったり、友人・知人が担当している店もありますから、人材不足とは無縁の世界にいます。

されど売上は出前・宅配を導入したことで+100万円/月になっています。

プラス分の経費が、原価が35万円、バイトの人件費が5万円、販促費が10万円掛かっても、利益は50万円増えているのです。

さらに、出前・宅配を始めたことで、来店客も増えているので、利益はもっとふえていて、家族経営であれば充分に収益が上がっていることになります。

その結果、税理士から年収を1000万円にしろといわれた経営者様もいました。

出前・宅配で売れたことで、家族経営ではなく、事業を拡大し、従業員も増やして月商500万円以上にした店もあります。

出前・宅配は、会社や店の規模に合わせて導入をすることができます。
売上を伸ばし、利益を上げるために、出前・宅配を本格導入してはいかがでしょうか?

家族経営・個人経営のお店には特におすすめします。

 

【出前・宅配の視点】これから儲かる「お届けビジネス」のポイント
牧泰嗣

出前・宅配コンサルタント

有限会社マクウェル代表

牧泰嗣

執筆者のWebサイトはこちら http://dtbc.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×