トップ > コラム > これからの変化の時代に向けてのカイゼン[22]

これからの変化の時代に向けてのカイゼン[22]

  現場改善 柿内幸夫 SPECIAL
柿内幸夫 SPECIAL

現場改善コンサルティング

柿内幸夫技術士事務所 所長 柿内幸夫

メーカー企業の現場改善指導と、「儲かる新たなモノづくり」体制を指導する辣腕コンサルタント。全社員が一丸となって改善する「KZ法」を体系化。ライバル企業に対して圧倒的な差を生み出していく体質改善指導に、全国から指導依頼が集まる。


師走! 街はクリスマス飾りでいっぱいです。昔から今までずっとこの時期ウキウキします。さて、今回は、
 
【急所76】 モノの流し方を疑え。(1)

私たちは物事を習慣的に見てしまう傾向があります。これまでずっとそうであると、たとえそれが間違ったことであったとしてもそのことに気付かないということがよくあります。

私は30年くらい前にアメリカで電子メールというものを初めて見ました。その時に相手の人が「すごいだろう!」と言っていたのですが、そのすごさに気付かず「ファックスとどう違うのですか?」などとトンチンカンな質問をしてしまったことを覚えています。

きっと私は今でもそういう間違いをしているんだろうなあ…と思います。

しかし世の中の変化は本当に速いです。あるべき姿に向かってドンドン改善を進めていきたいものです。

そこでこれまでのやり方を疑うということも重要になってきます。

そのための切り口として私がよく使う方法は、”E”, “C”, “R”, “S” です。
 
E:Eliminate   なくせないか?
C:Combine   あわせられないか?
R:Rearrange   順番を替えたらどうか?
S:Simplify   シンプルにできないか?

私は「イーシーアールエス」と呼んでいますが、「エクルス」と呼んでいる方もいらっしゃいます。

早速現場に行ってそれぞれの工程について上記の4つの質問をしてみて下さい。

すぐにできなくても、簡単にできなくても、安くできなくても、すぐにできないと諦めないで、質問にたくさん答えを持ってきてください。

 


【メーカー社長必読】日本のモノづくりの新視点
柿内幸夫

現場改善コンサルティング

柿内幸夫技術士事務所所長

柿内幸夫

執筆者のWebサイトはこちら http://www.kakiuchikaizen.com/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×