トップ > コラム > 誰のために経営しているのか

誰のために経営しているのか

  実力幹部 高越宏和 SPECIAL
高越宏和 SPECIAL

実力幹部コンサルタント

株式会社ウォーターフロー 代表取締役 高越宏和

社長が一人相撲をしていると、いつまでも事業にならない!戦略的に実力幹部を育てて、事業の仕組みとしていく具体視点…。

a002250

5月という時期は大企業・中小企業問わず、にぎやかになってきます。ご存知の通り企業の1年の成績が明らかになる決算発表時期だからです。

3月決算の会社で話をすると、3月31日の23時59分を過ぎた段階で1年間の締めに取り掛かることになります。大企業の場合は膨大な取引・データがあるため3カ月の計算期間が設けられているのですが、中小企業の場合は2カ月・・・即ち5月末に決算と税金計算が確定します。「今期は一体いくらぐらい税金を払わなければいけないのか?」経営者は戦々恐々としているのです。

しかし、冷静に考えてください。既に新年度は始まっているのです。3月が終了するまでに1年間の反省を踏まえた経営計画を考えましたか?決算予測を立て、5月に支払う税金のためのキャッシュを準備しましたか?

会社は税務署のために存在しているのではありません。金融機関のために存在するのでもありません。会社を創ったのは経営者であるあなたです。何よりも経営に必要な心構えは、次の一手を早めに打ち、精神的に余裕を持つことです。

誰のために経営しているのか・・・今一度自問自答してみてください。

【右腕づくりコラム】実力幹部をつくって業績を伸ばす
高越宏和

実力幹部コンサルタント

株式会社ウォーターフロー代表取締役

高越宏和

執筆者のWebサイトはこちら http://eleph.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×