トップ > コラム > 「すでに売れている」ことに気づかずチャンスを逃す人

「すでに売れている」ことに気づかずチャンスを逃す人

  開業カウンセラー 矢場田勲 SPECIAL
矢場田勲 SPECIAL

開業カウンセラーコンサルティング

有限会社ライフビジョン 代表 矢場田勲

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。


「広告って高いですよね?」

個別コンサルティングのセッション中でのことです。

集客の仕組みについての説明をしていたときに、ふいにコンサル生さんから質問をいただきました。

「たとえば、月に3万円の広告費を出すとしたら、どう思います?」と私が尋ねてみました。

「高いです!」と即答。

私:「では、月に1万円ならどうですか?」

コンサル生:「1万でも高いですね」

私:「それでは、月500円では?」

コンサル生:「500円ならいいかな」

この会話、どこがおかしいかわかりますか?

この方に限らず、多くの方が広告についての考え方が間違っているのです。

広告に対する認識が間違っていると、売上100万の壁は突破できません。 

どのように広告について、考えればいいのか。

それは、《金額の大小ではなく、費用対効果》で考えることです。

費用対効果とは、《投資した広告費に対して、どれくらいの売上があるのか》ということです。

1万円の広告費に対して売上が5万円あれば、それは成功です。

10万円の広告費に対して売上が50万あれば、それもまた成功なのです。

10万円の広告費に対して売上が20万であれば、どうでしょうか?

これも成功です。

要は、広告費10万円を売上が下まわらなければいいというわけです。

広告費の数字だけを見て、高いとか安いとか言っても、全く意味がないのです。

金額ではなく、利回りに注目しましょう。

1万円の投資で5万円のリターンです。

銀行の利回りと比べる、比較もできないくらいとんでもない高利回りです。

1万円の広告費で売上が5万円獲得できたら、10倍の広告費にすると、単純に言うと売上も10倍の50万円になるのです。

ですので、少額で広告を試し、それで上手く売上を作れるようになれば、広告費を拡大していくだけで成功はつかめるということです。

ところが、少額の広告でテストマーケティングして、狙い通りの売上を上げたのにもかかわらず、広告費を拡大できない人がいるのです。

「おまえはもう死んでいる」

某漫画の主人公のセリフですが、それになぞるなら「おまえはもう成功している」ということです。

チャンスをつかんでいるどころか、成功がもう約束されているのに、逃してしまうということです。

将棋で言えば「王手」して、すでに勝負がついているのにもかかわらず、全く関係のない手を打ってしまうようなものです。

今まで集客の仕組みづくりを頑張ってきて、ようやく飛躍する段階にきたというのに、なんとももったいない話です。

絶対に数字の捉え方を見誤らないようしましょう。そして、勝負どころを見逃さないようにしてくださいね。


【開業カウンセラー】
矢場田勲

開業カウンセラーコンサルティング

有限会社ライフビジョン代表

矢場田勲

執筆者のWebサイトはこちら https://no1-support.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×