世の中の変化と日本の製造業が抱えている問題点 7

  現場改善 柿内幸夫 SPECIAL
柿内幸夫 SPECIAL

現場改善コンサルティング

柿内幸夫技術士事務所 所長 柿内幸夫

メーカー企業の現場改善指導と、「儲かる新たなモノづくり」体制を指導する辣腕コンサルタント。全社員が一丸となって改善する「KZ法」を体系化。ライバル企業に対して圧倒的な差を生み出していく体質改善指導に、全国から指導依頼が集まる。


先回はアメリカの話をしましたが、その結果日本はどうなっているのでしょうか?
 


アイリスオーヤマの大山健太郎社長は、このような時代ではこれまでのマーケットインのスタンスでは対応しきれず、個別ユーザーが持つ潜在需要を積極的に引き出すユーザーインで対応しないといけないと言っている。お客様の多様な要求やいろいろな条件、そしてそこから生まれる多くの可能性に対して即座に応じる力が重要になってくるということだ。

加えて、ここ最近、AI(人工知能)など情報技術が急速に進歩している。AI以外にIoT、Big Data処理といった新しい多様な情報技術、あるいは3Dプリンターのような新しい製造技術が生まれており、必要があれば即座に対応できる技術力も大切だ。

マスカスタマイゼーションの時代、ユーザーインの時代に競争力を高めることを目指して、これらの画期的な情報技術や製造技術の真髄を理解したうえで活用、展開する知恵と技術も求められる時代になっているのである。

しかし日本は欧米と比べるとIndustry4,0のような総合的情報技術において大きく後れを取っているといわれている。

Question 報道では日本の製造業は欧米に比べて周回遅れだといわれているようです。皆さんはどう思われますか?

 


【メーカー社長必読】日本のモノづくりの新視点
柿内幸夫

現場改善コンサルティング

柿内幸夫技術士事務所所長

柿内幸夫

執筆者のWebサイトはこちら http://www.kakiuchikaizen.com/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×