地道な改良か、飛躍への挑戦か

  商品開発 四谷剛毅 SPECIAL
四谷剛毅 SPECIAL

商品開発コンサルティング

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役 四谷剛毅

商品開発コンサルタント。特に開発部門を持たずに売れる商品開発を実現する、独自の「デベロップレス」体制づくりに定評。いま全国の中小メーカー企業の業績躍進の新手法として、多くの企業から指導依頼が集まる注目のコンサルタント。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


「どんな開発をすべきか?」を考える現場に居合わせると、よくこんな議論を耳にします。
それは、「ヒットを狙うべきか、一発ホームランを狙うべきか」というものです。

どういうことかと言うと、「得られる成果は小さいけれど、成功率が高い、改良レベルの開発を目指すべきか」それとも「成功率は低くても、成果の大きい画期的な開発に挑戦すべきか」という議論です。

画期的な開発を実現したい。でも、失敗は避けたいし、そんなに時間はかけられない。この議論の背景にあるのは、こんな感情でしょうか。

では、ヒットとホームラン、どちらを狙うべきでしょうか?

正解は・・・「チームの勝利を狙うべき」です。

選択肢に無い答えで、目が点、になってしまったでしょうか?
もし、気分を害されたとしたら、謝ります。
ですが、これが本質的な答えなんです。

開発の現場、開発者の中にいると、「開発の成功」が第一の関心事になってしまっていることが多くあります。ヒットを狙うか、ホームランを狙うか、という議論は、正にその証拠です。

開発者だろうが何だろうが、最大の関心事は、会社の成功、すなわち売上を上げ利益を伸ばすこと であるべきです。つまり、チームの勝利です。

チームの勝利を目指して、コツコツとヒットをつなげていく。時には、バントや盗塁などもしながら、とにかくつなげていき、得点に結び付ける。そして、ヒット狙いの延長線として時々ホームランが出てくる。こうあるべきです。

ところが、開発の現場では、「単発のヒット狙いで、いくつかヒットは出ているけれど、つながっていない」といったケースや、「一発逆転ホームランを狙って、見事に失敗」というケースを頻繁に目にします。

そうではなく、会社の成功に向かって、「目指す方向をきちんと定め、そこに向かってコツコツと開発の成功を つなげていくこと」これが大切なことです。
不思議なことに、これを続けていくとホームランも出るようになってきます。

間違っても、バラバラにヒットを狙いにいったり、いきなりホームランを狙ったりしないことです。もし、あなたの会社に、バラバラヒットや、いきなりホームランを狙う兆候が見られたら、開発者に目指すべき方向をきちんと分からせることが肝要です。

あなたの会社は、目指す未来を描けていますか?
会社の未来に向かって、一つ一つの取り組みを きちんとつなげていますか?

 


当コンサルタント開催セミナーがあります。

売れる商品開発を実現する社長の視点
四谷剛毅

商品開発コンサルティング

株式会社シンプルテックプラン代表取締役

四谷剛毅

執筆者のWebサイトはこちら http://stecplan.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×