トップ > コラム > 社長が熱心に「情報収集」をする理由―それは「情報発信」とペアでなければ意味がない―  

社長が熱心に「情報収集」をする理由―それは「情報発信」とペアでなければ意味がない―  

  地方メディアの高度有効活用 海江田 博士 SPECIAL
海江田 博士 SPECIAL

地方メディアの高度有効活用コンサルタント

株式会社メディアコネクション 代表取締役 海江田 博士

広告分野における地方メディアの高度有効活用を専門とするコンサルタント。東京在住中のマーケティングビジネス経営の経験と地方企業への経営革新支援ノウハウの融合させた、独自の「儲かるための広告戦略」を開発。自らも成功実践事例として、地方メディアを舞台に展開。

私の知り合いの社長さんたちには、「情報収集」に熱心な方たちが大勢いらっしゃいます。

ここでいう「情報収集」とは、単なる知識のインプットとは少し意味が違います

社長ともなれば、ビジネス書を読んだり、テレビの経済番組を見たり、経済新聞、業界誌、ビジネス雑誌を読んだりと、知識の習得には余念がないことと思います。

一方で、商工会、法人会、といった公的機関とやや接点のある団体、倫理法人会、中小企業家同友会といった経営者の集まり、或いはライオンズクラブ、ロータリークラブといった理念を共有する団体、またそれぞれの業界団体等には参加されているものと思います。銀行やその他金融機関主催の経営者の集まりもあります。

これら様々あるいずれの団体にも全く所属していないという方は珍しいでしょう。おそらく、経営者ともなれば、これらのうちどれかには所属されているのではないでしょうか。中には2つ3つと掛け持ちされている方も多いと思います。

さて、経営者の皆さんが、これらの団体のいずれかに所属なさるのは何故でしょうか。まあ「付き合いがあるから・・・」とか「仕方なく・・・」という方もいらっしゃるでしょうが、どちらかといえば、ちゃんと理由があっての参加だと思います。尚且つ、その理由は千差万別だろうとも思います。

そんな中で、皆さんがおっしゃる最も共通した理由の一つに「情報収集」のため、ということがあります。

こういった場での「情報収集」は、先述した本や雑誌、新聞テレビなどからの知識の習得とは少し意味合いが違います。というのは、いろいろな生の声が聴けるこれらの場へ参加することは、単なる「学習」とは少し目的が異なっているからです。ここで交わされる情報は、お勉強としての知識や、マクロな経済の動きとか新しい業界の方向性といった、ある種整理され系統立てられたものではありません。

経営者同士の、ちょっとした会話とか、雑談の中から細切れ、ぶつ切れの状態で得られる断片的な情報です。

ただこれは、マスメディアなどのバイアスがかかった、いわゆる整理編集されたものではないので、極めて「生(なま)」に近い状態の情報ということになります。

優れた経営者はこの玉石混合のぶつ切りの生情報の中から、自らの事業に反映できるような光るヒントを見つけ出すのではないでしょうか。

とまあ、私は、皆さんがおっしゃる「情報収集」という言葉について、上記のような解釈を行ない、これらの団体に経営者が参加する理由を見いだそうとしています。何故私が、わざわざこのように参加する理由を見いだそうとするのかお分かりでしょうか。それは「情報収集」という言葉が、単に参加するための言い訳であったならば全く意味がないからです。

というのは、こういった団体の会務に夢中になるあまり、本業の方がおろそかになる人が私の周りにも結構いらしたからに他なりません。そういった本末転倒にならないためにも、こういった会の現場での「情報収集」という言葉がまやかしにならないよう気をつける必要があるのです。

それでは、こういった現場で得られた生情報を、単に名ばかりの「情報収集」に終わらせないためにはどうすればいいのでしょうか。何かいい方法はないものか、私なりにその答えを考えてみました。そして、その結果は次の一点に絞られることに気がついたのです。

それは、「情報収集」に投じた同じ分のエネルギーを「情報発信」に投じることです。

「情報収集」を行なった結果、得られた生情報は、咀嚼され加工され成形されて、やがて行動に移されなければ意味がありません

最終的に行動を伴ってこその「情報収集」だからです。しかし、行動に移すまでのこのプロセスには、膨大な時間とエネルギーを要します。

しかも、前述のように、最初に入ってきたときは細切れぶつ切れ状態の生情報です。うっかりすると記憶に定着しないまま、こぼれ落ちていく可能性があります。そうならないためにも、一度記憶にとどめておく作業が必要です。それを私は「情報発信」という形で行なえばいい、と申し上げたいのです。

「情報収集」の現場で得た生情報はやがて自らの事業に応用するヒントだったはずです。最初はボンヤリとしているであろうこの構想を、とりあえず、SNSなどを通じてアウトプットしてみてはどうでしょうか。

「今日面白い話を聞いたので、そこから私はこんなことを考えた・・」といった形でとにもかくにも発信してみるのです。そうすれば、それをまとめる段階で収集された情報が、頭の中で整理され、かなり記憶に定着するはずです。

単なる着想にすぎなかったラフな構想が、少しまとまったものになるかも知れません。

書かれた形で、記録に残るのも大きなメリットです。

「情報収集」というものが、会務にいそしむための単なる言い訳でないとしたら、それはほぼ同等に「情報発信」とペアにできるはずです。経営者の「情報収集」は、それくらい意味のあるものでなければならないと私は考えます。

意味のある「情報収集」だったのかを、自ら検証するためにも、それに呼応した「情報発信」是非心掛けてみて下さい。

 

企業の盛衰を決める社長のためのメディア戦略
海江田 博士

地方メディアの高度有効活用コンサルタント

株式会社メディアコネクション代表取締役

海江田 博士

執筆者のWebサイトはこちら http://mc-kaieda.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×