長期成長企業が必ず持つ仕組み

  商品開発 四谷剛毅 SPECIAL
四谷剛毅 SPECIAL

商品開発コンサルティング

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役 四谷剛毅

商品開発コンサルタント。特に開発部門を持たずに売れる商品開発を実現する、独自の「デベロップレス」体制づくりに定評。いま全国の中小メーカー企業の業績躍進の新手法として、多くの企業から指導依頼が集まる注目のコンサルタント。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


長く成長している企業が持つ特徴というのがいくつかありますが、中でも必ずと言っていいほど共通して持っているものがあります。業種や企業規模に関係なく、成長する企業が共通して持つ特徴。また、その経営者が必ず意識し、実践していること。逆に、停滞企業では、経営者が意識していないか、意識していても実践できていないこと。何だかわかりますか?

それは、「会社を変化させる仕組み」

長く成長している企業は、これを必ず持っています。成長企業の経営者は、変化し続けることの大切さを心底わかっており、必ず実践しています。

会社を取り巻く外部環境は絶えず変化しています。それにも関わらず、自社だけは変わらない、というのは成立しません。たとえ、短期的に成功しても、その成功体験に縛られて変えることを怠ると、その内、外部環境の変化についていけなくなります。そうして、成長の鈍化から停滞、やがて衰退へと追い込まれてしまいます。そうならずに成長し続けるためには、会社を、すなわち社員を、変化させ続ける仕組みが絶対に必要です。

ただ、人は、安定を好み、変化を嫌い、変化を遠ざけようとする生き物です。放っておいても変化するようにはなりません。特に、地方では、外部情報に接する機会が少ないため、変化を遠ざけたり無視する傾向が顕著に現れます。
経営者は、この人間の特性を理解した上で、変化するように仕組まなければなりません。たいへんな努力が必要であり、一朝一夕にできるものではありません。ちょっと努力したくらいでは、「変わりたいけど、変われない」「変えようと努力しているけど、変わらない」という結果になりかねません。そこは、長い年月をかけて、変化する仕組みを築いていかなければなりません。
長く成長する企業は、会社の文化と呼べるレベルに、変化することを定着させています。

このように、会社を変化させる仕組みを築くためには、長い年月と努力が必要になる訳ですが、会社を変化させようとしたときに、最初に必ず考えてほしいことがあります。

それは、「失敗をどう扱うか?」ということです。

社員が変化しようとしてとった行動の失敗。その失敗の取扱いをどうするか?変化しようとした行動は、これまでとは違う行動で、経験もありません。当然ながら、失敗する確率が、従来の延長線の仕事よりは高くなります。それでも挑戦し、その結果の失敗です。いかがでしょうか?

決してやってはいけないことは、この失敗を責めたり、罰を与えたりすることです。経営者が一度でもこれをした瞬間、その経営者の元では、二度と変化しようとする行動は見られなくなるでしょう。人は、誰しも失敗したくない。失敗したくないから、変化しようとしない。この行動心理を決して忘れてはいけません。不注意や、やるべきことを怠った場合の失敗とは違います。変化への挑戦の結果です。これを、非難したり、罰を与えては絶対にいけません。

経営者が、社員に対して変化を求めるのであれば、社員が変化しようとして失敗した場合には、「変化しようとした証拠として認めること」

何も、ほめろ、とか、奨励金を出せ、などとは言いません。ただ、認めるだけで良い。

挑戦した社員は、ただでさえ失敗して落ち込んでいます。こんなとき、経営者に行動を認められれば、それだけで、救われます。そして、次こそ、と次なる挑戦を始めます。それを、もし責められでもしたら、二度と立ち直れません。少なくともまた挑戦しようなどとは、絶対に思わないはずです。もし、それでも挑戦意欲を失わないほどの人物だったとしたら、その人は、きっと、転職し、別のところで再挑戦することでしょう。

貴重な人財を失わないためにも、行動を認めること。

人間、すぐには変われません。会社を変えようと思ったら、まずは、社員の初めの一歩を認めること。そこから始めましょう。

 


当コンサルタント開催セミナーがあります。

売れる商品開発を実現する社長の視点
四谷剛毅

商品開発コンサルティング

株式会社シンプルテックプラン代表取締役

四谷剛毅

執筆者のWebサイトはこちら http://stecplan.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×