売上を増やしても、経営が楽にならない本当の理由

  ダイヤモンド財務 舘野愛 SPECIAL
舘野愛 SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルティング

ユメリアコンサルティング株式会社 代表取締役 舘野愛

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。


当社は、同族会社と社長の財産管理(お金が残る仕組みづくり)実務の専門機関なので、実に様々な会社経営にまつわるお金の相談ごとが寄せられます。しかし、多くの社長が抱えている「悩み」は、課題解決のための表面的なものであって、大半は、社長本人が気付いていないもの、いわば、もっと根本的な部分に問題があるものなのです。

例えば、多くの社長は、「売上が増えれば、潰れない会社になるはずだ」と考えます。しかし、残念ながら、それは間違いです。

このようにお伝えすると、「ええッ?そんなハズはないでしょ!」とか「言っている意味がよくわからない!」というお声をよく耳にするのですが、ここでまず最初に知っておいて頂きたいことがあります。

それは、何かというと、そもそもの大前提として、「売上」と「倒産」とは、全くもって別次元の話である、という事実です。

売上をつくるという行為そのものは、当然ながら、とっても大切なことです。お客様がいなければ、そもそもビジネスとして成立しません。それに、事業を成長発展させていくためには、売上を増やすための経営努力も不可欠です。

しかし、だからといって、それがすなわち「売上が増えれば、潰れない会社になる」というわけではないのです。ここで多くの社長が、カンチガイをしてしまうのです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

それから、売上利益とか、もっといえば、「粗利が増えれば、潰れない会社になる…」と思われた方も同じです。確かに、利益をしっかり確実に出す仕組みを持つこと自体は、もちろん大事です。でも、それだけではダメなのです。

大切なことなので、あえて申し上げますが、「売上が増えれば、潰れない会社になる」わけではありません。答えは、むしろ「逆」なのです。具体的には、「売上が増えれば増えるほど、お金は減っていく」会社経営にまつわるお金の原理原則があるのです。

ですから、売上拡大を図っていく一方で、社長自身がこの原理原則に気付かないまま、資金繰りの管理ができていなかったり、お金を在庫や売掛金で眠らせてしまったり、「間違った節税対策」や「場当たり的な資金調達」を繰り返してしまった場合には、社長自身が気付かないうちに、経営が苦しくなっていくのです。

会社は、赤字でも潰れません。
しかし、資金が底をついたら、会社は一夜で潰れてしまいます。

大切なことは、社長自身がその事実を正しく知った上で、上手にお金を残す方法を身につけることにあるのです。そして、そのための具体策が「財務」なのです。

ダイヤモンド財務®コンサルタント
   舘野 愛


【財務岩盤化】次世代経営者のためのダイヤモンド財務の築き方
舘野愛

ダイヤモンド財務コンサルティング

ユメリアコンサルティング株式会社代表取締役

舘野愛

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yumerea.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×