日本の製造業が本来持っている強味 6

  現場改善 柿内幸夫 SPECIAL
柿内幸夫 SPECIAL

現場改善コンサルティング

柿内幸夫技術士事務所 所長 柿内幸夫

メーカー企業の現場改善指導と、「儲かる新たなモノづくり」体制を指導する辣腕コンサルタント。全社員が一丸となって改善する「KZ法」を体系化。ライバル企業に対して圧倒的な差を生み出していく体質改善指導に、全国から指導依頼が集まる。


南京に3日間出張しました。タクシー配車、電車の予約、代金支払いなどにかなりの高齢者の方がスマホを活用していることや、ちょっと前まではなかった自転車レーンの設置など、あっという間に変わってしまうその変化のスピードに刺激を受けました。


私は2015年12月にサンフランシスコにあるGoogleとEvernoteの2社を見学する機会を得た。その2社は世界でもトップを走るIT企業であるということから、私はそこでは有名大学で博士号を取得したたくさんの博士が自分の研究室にこもって研究をしているような姿を想像していた。

しかし実際に社内を見てみると現実は私の予想とは全く違うものであった。オフィスには個人の研究室はなく、机の配置は普通の四角の机が並んで配置されておりパーティションもなく、まさに昔の日本の事務所のようであった。しかし大きな違いは配置された机にあまり人がおらず、一方多くの人がそこここで立ち話をしていた。廊下も含めた壁という壁はすべてホワイトボードであり、そこにはたくさんのメモが残っていた。

Evernote社を見学中に通りかかった通路で2人の女性と1人の男性が話し合っていた。私はその人たちの会話に興味がありちょっと割り込ましてもらった。その3人のうちの一人の女性は副社長、もう一人の女性はマーケッター、そして男性は技術者とのことであった。

その3人がそれぞれ別の部門の人たちなので、私はこのような部門間をまたがった話し合いをするに際して、上司の許可がいるのか?という質問をしてみた。日本では部門をまたがった話し合いとなるとまずは「上を通してくれますか?」といったように上司の許可が必要といった堅苦しいプロセスが必要であることが多いからだ。

しかし彼らは私の質問を全く理解しなかった。私の発音が悪いせいというより言っていることの意味が全く理解できないという感じであった。そこで私は例えば日本であると部門をまたがる時はこのような準備が必要なことが多い…といった説明をしたところ、彼らはもしそんなことをしていたら今の時代の変化のスピードには全くマッチしないと笑って答えた。

Question: 私はホワイトボードをうまく活用することがいい答えを導く一つの大変有効な手段と考えています。皆さんの会社ではホワイトボードをどう使っておられますか?

 


【メーカー社長必読】日本のモノづくりの新視点
柿内幸夫

現場改善コンサルティング

柿内幸夫技術士事務所所長

柿内幸夫

執筆者のWebサイトはこちら http://www.kakiuchikaizen.com/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×